アクタージュ

アクタージュ【105話】最新話ネタバレあらすじ感想|サイド乙

こんにちは。2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【105話】「サイド乙」のネタバレと感想&次話の考察予想についてまとめました。

104話の内容は、サイド乙で羅刹女を演じる千世子は、観客の望むように天使と悪魔の表情を延々と繰り返すようです。

千世子との経験の差を目の当たりにする景。 黒山は景が成長するためには、起爆剤として一歩先行く千世子の存在が不可欠だと感じるのでした。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む

アクタージュ【105話】最新話ネタバレあらすじ

圧倒的な演出を見せるサイド乙の「羅刹女」。

大賀美は阿良也を通じて千世子の羅刹女は牛魔王を恨みきれず愛していると見せています。

殺し合いに身を委ねる羅刹女に対して、悟空は殺したくないと後生として、その火焔山の炎を鎮めてくれと頼みます。

悟空の話に乗り、芭蕉扇を振り上げて炎を鎮めれば終幕です。

それと同時に決定的になるものがあります。

サイド甲の敗北と景を泣かせた大賀美への非難です。

すると羅刹女の芭蕉扇を止める悟空。予想外の展開に驚く景や観客たち。

阿良也は一瞬、牛魔王の表情をすると、次の瞬間には悟空に戻ります。

その瞬間、泣き崩れる羅刹女。黒山は惚れた男への想いが殺し合いで忘れられないのを、悟空ならば気付いているはずだと確信しています。

千世子が泣いてみせたのはトラブルではなく、黒山の演出でした。

前日の夜に「孫悟空ならばそうすると思う」として、最後の芝居を変えたいと出演者に頭を下げる黒山。

その行動をずるいとする阿良也。

黒山は「羅刹女」は“怒り”でもなく、“救い”の物語であると解釈して終幕に持っていきました。

花子を除く誰もがスタンディングオベーションで拍手をする中、アリサは嫌な男に借りができたとため息をつきます。

大賀美のアクシデントを羅刹女の人物描写に昇華させ、台本の変更を観客に認めさせることによって、大賀美への非難の声も封殺したからです。

一夜漬けにしては及第点かと舞台を去る黒山。

芝居を見終わった景の瞳には何かを決意したように見えるのでした。

アクタージュ【105話】感想

サイド甲の舞台が終幕しました。やはり黒山の演出が光ます。

皆んなの意思とはいえ、景を泣かせてしまったことで黒山の下で芝居が出来ないことを大賀美が残念だと思ってしまうほどです。

黒山は羅刹女を救いとしましたが、最後の台本変更で大賀美も救い、明日からの舞台興行も救ったことになります。

ラストシーンの阿良也は、カメレオンと言われるだけあり、牛魔王と孫悟空を瞬時に使い分ける芸達者ぶりです。

そんなサイド甲の評価については、観客の拍手が全てを物語っているでしょう。

アクタージュ【106話】考察予想

初日については間違いなくサイド甲に軍配が上がりました。それでも黒山はまだまだ突き詰められると貪欲な様子です。

一方、前回でも明日も明後日もあると景がリベンジを誓い、ラストの表情も前向きです。

しかしながら、一番の心配ごとは演出家として圧倒的な差を見せつけられた花子が気になります。

結局、途中から最後まで身構えたまま一言も発しませんでした。何かしらのアイデアがあるのか自信を失ったのか、2回目以降のサイド甲の舞台演出に要注目です。

➡アクタージュ【106話】へ

まとめ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【105話】「サイド乙」のネタバレと感想&次話の考察予想についてまとめました。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む