アクタージュ

アクタージュ【111話】ネタバレ考察!CMはクランクアップ?景が与える影響とは?

こんにちは。2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【111話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

110話では、大手の元井製薬のCMキャラクターに抜擢された景でしたが、多くの人間の意向が絡むCM撮影に戸惑いを覚えてしまいます。

納得できない芝居は不可能だと景は言いますが、アリサは自分のやり方で戦う術を探すように助言を与えるのでした。

アクタージュ【111話】ネタバレ「CMはクランクアップする?」

演技派女優の拘りが仇となっかた押しているスケジュールの最中、遂に景はシェアウォーターの開発者と直接連絡を取り商品コンセプトまで聞き出す始末となりました。

スポンサーである元井製薬の社長も、リアルタイムで自社製品を好きになろうとする女の子を目の当たりにしては、早く撮影を再開しろとは言えないでしょう。

これで期待外れの出来栄えとなれば、景は勿論ですがアリサにまで非難が及ぶこと必至でしょう。

周囲を納得させるだけの演技を景には期待するところです。

アクタージュ【111話】ネタバレ「景の戦い方について」

初CMの景に対して事前の説明もなかったアリサも大概ですが、業界に対する無理解さが浮き彫りになった景の態度、今回は多分上手くいくのでしょうが、今後も同じやり方が通用するとは限りません。

周囲にしてはともすれば「ワガママ」「身勝手」とも取られかねません。

それもあり、アリサは景なりの戦い方を身に着けさせようとしているのでしょう。

ともあれ一朝一夕に得られる手段ではないことから、当面は困難な事態にぶつかる景がアリサと問題を解決していく、というパターンが続くかもしれません。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む

アクタージュ【111話】ネタバレ「景が与える影響とは?」

今回のCM共演者である鳴乃皐月ですが子役時代からのキャリアもあり、芸能界では景よりも先輩となります。

しかし皐月も景の演技には一目置いている様子です。

もっとも監督やアリサに盾突く態度を見て冷や冷やする場面の方が多そうですが、110話のラストシーンでアリサは皐月に景の様子を見ておくように指示します。

破天荒ながらも景から皐月が学ぶべきところがあると踏んでのことでしょう。

今回の景の行動を見学者として傍観しているアキラも含めて、彼らの芝居に何らかの影響があるかもしれません。

まとめ

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【111話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む