アクタージュ

アクタージュ【112話】最新話ネタバレあらすじ感想|有名人

こんにちは。2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【112話】『有名人』を読みました。

111話では、CM商品を徹底的にリサーチして好きなるという方法を見出した景。 本音過ぎるトークに周囲が冷や汗ですが、いざ撮影に入ると新人ながらも堂々とした存在感を放ちスタッフを納得させます。

そして1月後。 天地の戦略で景が世間の知るところとなりました。

それでは、アクタージュ【112話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アクタージュ【112話】最新話ネタバレあらすじ

4月の新学期。

入学式の北高に登校する吉岡は、すれ違う小学生が景のCMダンスを真似ている様子を見ます。

それだけではありません。

朝陽が見るスマホをはじめ、電車の窓からは景の広告看板に等身大など、至る所に掲示されています。

すると北高の校門にダッシュで向かう景の姿がありました。

久しぶりに学校で出会う3人。

景は変装してもバレるため全力で走っていたのですが、どうやらその必要はなかったようです。

遠巻きに見るほかの生徒たちが逆に気を使い、景との間に距離が広がっているからです。

吉岡は景が遠くの存在になると呟き慌てて朝陽がフォローしますが、景は例えクラスが別々になっても部活で映画を見たりすることは出来るので、忙しくても部活を辞めることは無いと話します。

そこに聞こえてくるのはシャッター音でした。

吉岡は芸能人の肖像権を大声で言いますが、景はキリがないと気にしないようにしています。

しかし、リョーマが撮影主を捕まえると、一緒に写真を撮りたいようだと景に伝えます。

一方、入学式会場の体育館は生徒の集合が悪くまばらです。

その原因は景にありました。

週刊誌のゴシップネタを始め、生徒たちの質問に逐一答える景の周囲に人が集まっていたのです。

天知と黒山は景のプロモーション活動について話をしていました。

景のCM出演は次の仕事のための名刺代わりに過ぎないと話す天知は、その先に黒山が監督をする映画があるとして、関係者を集めた会議を行います。

目標を2年後の映画に見据えた景の仕事はテレビドラマになります。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む

アクタージュ【112話】感想

急激に変化する景の周辺環境。ギーナチョコは青色ですか。

柊の話を聞くとアリサが勧めたにもかかわらす、あの自宅からの引っ越しはしていないようでした。

また、有名になっても連載開始の初期のように、全力ダッシュで行き来する生活もそのままです。

今までどおりに接する吉岡や朝陽、そして景を腫れ物に触るように見ていた生徒たちとの垣根を払ったリョーマたちとは3年生で一緒のクラスになれたのでしょうか?一方、大人は大人で色々と思惑がありそうです。

アクタージュ【113話】考察予想

CMのオンエアから一気にスターダムに上り詰める景。もちろん実力があってのことですが、同時に天知のプロモーターとしての実力も忘れてはいけません。

その天知が次に仕掛けるのはテレビドラマで、しかも大河です。

まずはオーディションに合格することが最優先ですが、成功すれば国民的女優の肩書きとして箔が付くことは間違いなしでしょう。

天知の指摘するように黒山は景を主役とした映画を撮りたいはずですが、リスクを避けたいという意味深な言葉が気になります。

➡アクタージュ【113話】へ

まとめ

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【112話】『有名人』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ご覧いただきありがとうございます!

※現在、電子書籍の配信は停止しております。