アクタージュ

アクタージュ【92話】最新話ネタバレあらすじ感想|我武者羅

こんにちは。2019年12月2日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【92話】「我武者羅」を読みましたのでご紹介します。

91話では、物語が進んでいく部隊〝羅刹女〟。孫悟空を演じる王賀美の助演によって、夜凪が演じる羅刹女が物語の中心となりました。

しかし、次に出てきた武光は・・・夜凪の演技に飲まれてしまいます。自分の演技が分からなくなってしまった武光の胸中は・・・。

※現在、電子書籍の配信は停止しております。

アクタージュ【92話】最新話ネタバレあらすじ

舞台に立つ夜凪。その目線の先には・・・白石が演じる三蔵法師しか目に入っていません。

三蔵法師の前に立つ2人、沙悟浄と猪八戒を全く相手にしていないのです。

2人を相手にせず、三蔵法師に近寄っていく羅刹女。

その瞬間、猪八戒を演じている武光は痛感しました。

夜凪は遠い存在になってしまった・・・。

映画デスアイランドで共演した2人。

武光は夜凪に対し、仲間意識を持っていました。それは夜凪も同じだった思っていたのです。

しかし、夜凪はどこまでも成長し、演技に対し貪欲。

そんな夜凪を見て、武光は思いなおします。

夜凪が遠い存在になったわけではない・・・自分が夜凪を遠ざけているのだ・・・と。

舞台上では、沙悟浄と猪八戒が簡単に倒され、三蔵法師と共に羅刹女から逃げていきます。

そこで1度幕が降り、舞台は次の展開へと移ろうとしていました。

一旦下がった武光は・・・下を向いて黙り込んでしまいます。

そんな武光を心配して声をかけるのは、沙悟浄を演じている朝野。

次の準備のため、急いで血のりを準備していましたが、手を止めて武光に声をかけたのです。

問われた武光は、口を開きます。

自分はどうすればいいのか・・・。

先程の演技に対し、何の違和感も抱いていなかった朝野は、武光の言葉を理解できません。その気持ちを最も理解できたのは白石。

かつて王賀美と出会い、武光と同じ思いを味わったのです。

このまま演じてしまえば、自分はもう役者ではなくなると話す武光。そんな武光に、いつかはそう思う日が来ると白石は話します。

その日が、たまたま今日だった。

その話を聞いていた王賀美が割って入りました。

天才の自分には凡人の気持ちは分からない。天才は孤独だから・・・。

それでも、そんな天才と共演したいと願ってくれる凡人に、自分は救われている。

王賀美の言葉を聞いた武光は目を見開き・・・頭を壁にぶつけました。

血のりは使わず、自前で行くと話す武光。

吹っ切れた表情で、気持ちを固めます。

俺がここにいる・・・自分にできることは、夜凪にそう伝える事だ。

そう思い、武光は舞台へと向かうのでした。

アクタージュ【92話】感想

今回は武光にスポットライトが当てられた話でした。脇役の武光ですが、夜凪の芝居に対抗したいという思いがあるのでしょうか。舞台のシーンを考えれば、沙悟浄と猪八戒は眼中にない羅刹女。全く問題ない気がします。

むしろ、そっちの方がいいのでは?と思うほどです。話しの展開的に、脇役の2人は目立ってはいけないとすら思うのですが・・・。

武光が悩んでいるのは、王賀美と白石のような関係が築けていないということでしょうか。
その辺りの意図が分からなかったので、次回納得させてほしいです。

アクタージュ【93話】考察予想

次回は、舞台に出た武光が何らかの影響を夜凪に与えると思います。それがプラスの効果となり、舞台は成功へと向かうでしょう。

しかし、武光が目立ってしまっては舞台が成り立たないと思います。わき役に徹しながら、夜凪の心を動かす演技。それは想像がつかないので気になりますね!

花子が夜凪を怒らせ、孫悟空もそれに従う。羅刹女の怒りはどんどん溜まって行きます。そこで、その心を最後に柔らかくする役目を、親しい武光がするのかもしれませんね。このままではバットエンドの結末になるので、武光が実はキーマンなのかもしれません!

まとめ

アクタージュ【92話】「我武者羅」のネタバレと感想&93話の考察予想についてまとめました。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む