アクタージュ

アクタージュ【98話】最新話ネタバレ感想!演出家の花子が放った爆弾

こんにちは。2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【98話】「風」を読みましたのでご紹介します。

97話では、怒りが爆発する限界のギリギリで演技を続けてきた夜凪。そのバランスが・・・崩れました。

怒りの感情をなくし、最後は晴れやかな気持ちで芭蕉扇を振る羅刹女。そんな羅刹女を演じられない夜凪は、見せかけの演技で舞台を終えようとするのでした。

➡「アクタージュ」の最新刊を無料で読む

アクタージュ【98話】最新話ネタバレあらすじ

舞台〝羅刹女〟サイド甲。

ラストシーンまで辿り着いた出演者たちですが、舞台袖で見守る演出家の花子は、残念と呟きました。

素人が見ても、夜凪の演技は偽りと分かる程、気持ちが入っていないのです。

夜凪演じる羅刹女が振り上げた芭蕉扇。

それを振り下ろせば舞台は終わる・・・。

夜凪を見つめる武光は、心の中で夜凪を止めています。

そんな演技をしてはダメだ・・・そう感じているのです。

同じく共演者の朝野も、武光と同じ思いでした。

その時、夜凪を見ていた王賀美が笑います。

武光と朝野を見る王賀美。

王賀美の目を見て、2人は頷きました。

さらに、共演者の白石も、王賀美と目を合わせ頷きます。

前へ出ようとする白石を王賀美は遮り・・・芭蕉扇を振り下ろす夜凪の手を・・・止めます。

舞台を見ている全ての人がザワつき、トラブルを感じていました。

孫悟空たちは、羅刹女に芭蕉扇を振らせるために戦ってきた・・・。にもかかわらず、孫悟空がそれを止める・・・。

それは、あり得ない台本無視でした。

同じく〝羅刹女〟サイド乙の出演者たちは、彼らは舞台を捨てたと断言します。

それを聞いて反応したのは阿良也。

彼らは舞台を捨てただけではなく夜凪の芝居を守った。そう話すのでした。

舞台上の夜凪は、気付いています。

自分が観客を楽しませる演技ができていないこと。自分の弱さが原因で、仲間が舞台を捨てて自分を救ってくれたこと・・・。

彼女の目には、涙が溜まり今にもこぼれ落ちそうになっています。

芭蕉扇を落とし、その場に崩れ落ちる夜凪。

すると、この公演中ずっと自分に問いかけてきた、自分の本心が言います。

あなたはもう1人じゃない・・・。

幸せも悲しみも、もう過去の事・・・。夜凪は頬をつたう涙を拭い・・・立ち上がりました。

その姿を見た花子は、衝撃を受けます。それは、かつてないものが描かれる予感・・・。

思わず舞台に飛び出そうとした花子ですが、夜凪が芭蕉扇を一振りすると・・・会場に風が吹き抜け、花子押し返されてしまいます。

過去の悲しみに捕らわれていた夜凪。

今度は・・・今あるものの豊かさに気付いた。本物の演技を見せようとしていました。

アクタージュ【98話】感想

心が折れた夜凪ですが、仲間に助けられ立ち直りそうですね。過去の悲しみに捕らわれ、綱渡りの演技をしてきた〝羅刹女〟のサイド甲。

それは、演出家の花子が放った爆弾のせいでした。夜凪は不安定なまま演技を続け、それが中盤はうまくいっていました。

なぜなら、夜凪の感情と羅刹女の感情が同じだったからです。しかし、最後は羅刹女の心は晴れて終わります。

一方で、実際に演じている夜凪の心は晴れていない・・・。この1話で、舞台が失敗に終わるかと思われましたが、そこからの逆襲が始まりそうです。

アクタージュ【99話】考察予想

次回、最高の形で舞台が終わると予想します。途中にあった明らかなトラブル。これは、最後の演技で帳消しにされるのではないでしょうか。

舞台の中で成長を見せた武光と朝野。最後に夜凪を止める決断をした王賀美と白石。全ての出演者が、心を持って本心で演技をしています。

そう考えると、これはもはや演技ではないのかもしれませんね。最初から最後まで本心で演じきった夜凪を含め、見ている人の心に響く舞台となりそうです。次回でサイド甲の舞台は終わり・・・次はサイド乙に入ります。

まとめ

2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、アクタージュ【98話】「風」のネタバレ&99話の考察予想についてまとめました。

※現在、電子書籍の配信は停止しております。