あまちんは自称♂

あまちんは自称♂【49話】最新話ネタバレ感想|禁止ワード!ありのままのあまちん

こんにちは。ひらりです。

2021年8月17日発売の少年マガジンエッジより、あまちんは自称♂【49話】「こころの勃たない♂トレーニング」を読みました。

48話では、

新委員長があまちんの言動や服装などを何でも禁止にしてしまおうとしていました。

やりすぎたことを反省する委員長ですが、あまちんは一生懸命な委員長を肯定し、委員長は皆からも受け入れられる存在になれたのでした。

それでは、この記事では、あまちんは自称♂【49話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

あまちんは自称♂【49話】最新話ネタバレあらすじ

あまちんとタツミが何やらいい感じ‥。

タツミからの告白に答えようとするあまちんは照れながら好きだと言おうとしますがしますが、寸前のところで吐血&たつわーで倒れてしまいました。

呆れるメガネ君に、あまちんは”たたないここなつちゃん”にはなれないと弱音を吐きました。

実は1週間前、あまちんとタツミはメガネ君からとあるお願いをされていました。

それは恋愛シミュレーションゲームの公式イベントで主人公になりきるコンテストに出て欲しいというものです。

優勝賞品はここなつの等身大フィギュアと旅行券。

乗り気ではなかったあまちんは、コンテストでは合法的にタツミとイチャつける演技審査があることと、旅行券を貰えることからメガネ君に協力することにしました。

演技審査において、あまちんに課された最重要課題は、たつわーと叫ばないことです。

しかし禁止されると叫びたくなるもの‥、タツミとのラブシーンにあまちんの叫びが暴走します。

コンテスト前日まで叫びを制御出来ないまま進むと、あまちんは自制できない自分に呆れて落ち込んでいました。

タツミはシュンとするあまちんを見て、無理をしているあまちんを見るのは辛いからいつものままでいいと手を握りました。

その言葉で不思議と安心したあまちんはコンテスト当日、圧巻の演技を見せます。

元々ガチで参加しているのはあまちんたちだけであることに加え、元々のヴィジュアルが完全にここなつと男主人公であるため、ファンたちに戦慄が走りました。

叫びもコントロール出来ているあまちんは、安心して一生タツミの側にいるためには自制も必要だと気づくことが出来たのです。

誰もがあまちんたちの優勝を確信したまま第2審査に進みます。

オリジナルシーンを演じることになったあまちんたちのテーマは”別れ”。

困難を極めるシチュエーションですが、2人は会場中を感動させる演技を見せてくれました。これで晴れて優勝。

のはずが、あまちんはステージ上で立ち往生してしまい救急車を呼ぶ騒ぎに。

イベントは中止になり記録とはなりませんでしたが、ファンの間であまちんたちのことは語り継がれ、メガネ君も非常に満足したのでした。

あまちんは自称♂【49話】感想

今回は頑張るあまちんの姿を見ることが出来ました。ダメと言われると逆に我慢できなくなってしまう気持ちは誰でも理解できるものではないでしょうか。

あまちんはタツミとの幸せな旅行がかかっていても我慢できなほどだったので、たつわーはもうあまちんには無くてはならないものです。

珍しくそのことで落ち込んだあまちんに、タツミが優しく声をかけてくれたところではどこよりも叫びたいタイミングだったと思いますが、まさかのそこで気づきを得てなんとか叫びを封印で来たあまちん。それなのに最後は残念な終わりになってしまいました。

あまちんは自称♂【50話】考察予想

今回は残念ながら賞品の旅行をゲット出来ませんでしたが、あまちんが旅行をしたかったのであれば、とタツミが旅行に連れて行ってくれるかもしれません。

少し前からタツミもなんだかんだあまちんに優しい、というか好意を持っているのではないかと思われる部分があるためもしかしたらもしかするかもしれませんね。

よく分からないあまちんとタツミの関係に終止符を打たれるタイミングはもうすぐそこまで来ているのではないでしょうか。

あまちんは自称♂【50話】へ

まとめ

この記事では、あまちんは自称♂【49話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「少年マガジンエッジ」を1冊お得に読めちゃうのはこちら