アンデッドアンラック

アンデッドアンラック【新連載1話】最新話ネタバレあらすじ感想!

こんにちは。2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプ2020年8号より、新連載「アンデッドアンラック」第一話『不死と不運』を読みましたのでご紹介します。

不死の男と不運の少女が巻きおこすピカレスクヒーローのドタバタ漫画と作者が語っていたので一見ネガティブな死や不幸というテーマなのですが読んでみて思ったのは基本的にはジャンプ王道の友情がきちんと入っていて素晴らしい作品だと思いました。ぜひ読んでくださいね。

アンデッドアンラック【新連載1話】最新話ネタバレあらすじ

自殺志願で電車に飛び込みをしようとしている若い女の子の前に突如現れたいかつい男。

実は、この女の子(出雲風子)は、特殊な身体であり彼女に触れた人は大なり小なり傷つく不運を招いてしまうのです。

今から10年前、両親の海外出張で見送りでたくさん抱きしめてもらった10分後あろうことか原因不明のエンジントラブルで機体爆発炎上で両親含んだ270人が亡くなってしまいました。

そんな不運を招く自分の人生を終わらせるため自殺しようとした風子でしたが目の前に現れた男は、みかけはマッチョな男ですが実は、何をしても死なないアンデッドでした。

このマッチョな男の強引な行動により自殺を回避した風子は、これまた強引にマッチョ男のアジトへ連れていかれます。

そこで風子の長い髪を散髪するマッチョ。

そこでマッチョ男の首がいきなり斬られ謎のスーツ男達が現れます。

斬られた首から上を特製カプセルに閉じ込め、風子にその不運能力を人殺しのために協力を要請してきます。

もちろん風子は拒否しますが黒スーツが脅しをかけてきて、風子がピンチに陥っていると突然落雷があり中のカプセルが開きマッチョ男が復活します。

どうやら散髪して風子に触っていた時の不運による落雷が時間差で発生したようです。

そして風子の機転により不運を発生させマッチョ男との協力プレイで黒スーツ男達から上手く逃れるのでした。

マッチョ男に名前を尋ねる風子でしたが名前を言わない彼に風子が付けたのがアンデッドから取ったアンディ。

不死アンデッドのアンディと不運アンラック出雲風子の最高の死を見つける物語がはじまります。

アンデッドアンラック【新連載1話】感想

最初は、自分の周りに不幸を起こすことに悲観した若い女の子の物語かと思いきや、死にたくても死ねない不死の能力を持った男との出会いによって、風子の不運を起こす一見するとマイナスしかない能力が、アンディにどう生かされていくのか今後の展開が楽しみです。

最初から最後までスピーディに展開され物語がドンドン進行して行くので読みやすいし、キャラ設定も面白く今後の展開が楽しみなストーリーだったのでこの二人のキャラから目が離せないです。

アンデッドアンラック【2話】考察予想

物語の最後に、不死、不運両名の捕獲優先度を引き上げたと、各ハンターに黒スーツが伝えていたので、おそらくこの黒スーツの所属する悪い組織から選りすぐりのハンター達が、風子とアンディの前にたちはだかり様々な能力を駆使して二人を捕獲または組織に従わなければ殺そうとすると思います。

また、アンディが風子に、なぜこのような不死の身体を持ったのか、その理由について触れる場面もあるかもしれないと思いました。

新連載ということで勢いがある作品だと思いますので次話もアッと驚く展開を期待します。

まとめ

2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプ2020年8号より、新連載「アンデッドアンラック」第一話『不死と不運』ネタバレ&2話考察予想についてまとめました。