アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻】ネタバレあらすじ感想!

こんにちは。ひらりです。

「アンメット-ある脳外科医の日記-」第巻の発売日は、2021年3月23日火曜日になります。

この記事では、「アンメット-ある脳外科医の日記-」第1巻の内容と無料で読む方法をまとめました。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻1話】最新刊ネタバレ「脳内血種①」

研究のために飼育していたラットを逃がしてしまったせいでアメリカの病院をクビになってしまった脳外科医、三瓶友治。

帰国し丘陵セントラル病院で働くことになると、救命救急科が拒否しようとしていた患者を勝手に受け入れてしまいます。

深刻な脳血腫を発症し現在も出血が続いている患者を救おうとする三瓶は、電動ドリルの作動確認がされておらず使えなかったため咄嗟に理事長の銅像と医療用ノミで頭蓋内圧を下げました。

三瓶の機転で患者の命は救われるも、三瓶はここからが大変だと言います。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻2話】最新刊ネタバレ「脳内血種②」

脳血腫を発症するも一命をとりとめた患者の山本は、脳にダメージを受けて左半身に麻痺が残ってしまいました。

それでも山本は生まれてくる子供のため、前向きにリハビリに取り組む姿勢を見せます。しかし後遺症は体だけでなく空間認知能力も奪っていました。

元の建設作業員の仕事はおろか、車の運転も出来ないことを知った山本はリハビリにも顔を出さなくなってしまいます。

しかし、とある方法で山本は職場復帰を果たせることになります。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻3話】最新刊ネタバレ「第4脳室腫瘍①」

現在救命救急科と脳外科を兼務している医師の川内は、元々は外科医でしたが記憶障害のために医師としての仕事が出来ていませんでした。

看護補助の仕事を任されてもミスばかりの川内を見た三瓶は、サポート次第で川内のミスは減ると言い、実際に川内のミスを減らして見せました。

三瓶は川内は手術も出来ると言って、許可してくれない看護師長津端の目を盗んで川内を手術に入らせようとしました。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻4話】最新刊ネタバレ「第4脳室腫瘍②」

三瓶の強引な変装作戦も失敗に終わり、三瓶と川内は怒られてしまいました。絶対に手術は出来ないと言われ、川内は自分が医者であるのか分からなくなります。

しかしどうしても手が足りなくなってしまった時、三瓶は川内を手術に入らせました。

手術は成功したため強くは怒られないことから、三瓶は川内の記憶障害は練習したことを忘れるタイプではないと、手術も可能なことを指摘しました。

実際に検査でも結果を出していることから、川内が手術に入ることが正式に認められました。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻5話】最新刊ネタバレ「失語症①」

スタイリストの小笠ミホコは、ある日の仕事中に手の痺れを感じます。

気にせず仕事を続けていると今度は立っていられなくなり、最終的に言葉も発せず倒れてしまいます。

救急搬送で脳梗塞だと診断された小笠は手術ではなく点滴で血栓を溶かすことが出来ましたが、脳がダメージを負ったために失語症を発症、言葉を失ってしまいました。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻6話】最新刊ネタバレ「失語症②」

失語症を発症した小笠の脳内にはまだ梗塞が残っていますが、現時点での治療は危険であるためリハビリを優先することになりました。

そこで小笠の失語症が想像よりも重度であると判明します。

江本は早く小笠の失語症が改善するようにと強引なリハビリを行おうとしますが、対する小笠の心はすり減っていきます。

1ヶ月経ち、失語症は多少回復すると共に、再発を予防するための手術が提案されました。

失語症の回復も期待できるため手術が行われることになりますが、術後の事を先に知ろうとする江本に三瓶は知ってどうするのかと冷たく言い放ちました。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻7話】最新刊ネタバレ「失語症③」

脳梗塞の再発を防ぐ手術が成功し、失語症が改善を見せるも、江本は元通りになっていないことに満足していません。

そんな気持ちを感じ取った小笠は自分が話せなくなってしまったことにいら立ち、泣いてしまいます。

そして、もう江本と結婚しても迷惑をかけるだけだと、自分から江本を突き放す行動をとってしまいます。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻8話】最新刊ネタバレ「失語症④」

日常生活に支障がないほどに回復したため退院し、母親のヘアサロンで働くことにした小笠ですが、電話対応などの言葉だけの早いコミュニケーションは上手く出来ずにショックを受けています。

小笠は江本と別れ、江本の幸せを願っています。

江本は確かに失語症となった小笠のことを重荷と感じてしまいましたが、それでも結婚しようと思ったのは楽しい日々があったからだと思い出し、改めて結婚を申し込みました。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻】感想

新しい医療漫画が始まりました。気だるそうな見た目ですが脳外科医としては超一流、かつ患者の命だけでなく人生についても考えることが出来る医師が三瓶です。

デザインもなかなかよくて、読んでいて楽しいです。

ブロンズ像をハンマーの代わりに使う、変装をさせるなどぶっ飛んだ行動をとりながらも、手術を成功させるため許される展開が面白いです。

医療についてもですが、人生について深く考えることが出来ます。これからに期待が高まる作品です。

アンメット-ある脳外科医の日記-【1巻】お得に読む方法

U-NEXT 無料トライアル

そんなアンメット-ある脳外科医の日記-【1巻】を文字だけでなくぜひ漫画で読んで欲しいです。

さらにお得に読めたら嬉しいですよね?

そこでオススメなのが動画配信で有名なU-NEXTです。U-NEXTは52万冊の電子書籍も取り扱いがあります。

初回登録すると31日間は無料トライアルがあり、最初に600ポイントが付与されます。そのポイントを使えばとってもお得に読めちゃうんです。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。配信は紙の発売日と同じ3月23日となります。

U-NEXTへ

アンメット-ある脳外科医の日記-【2巻】考察予想

シリーズ「失語症」が想像よりも長編になり、読んでいて楽しいです。

直接生活に関わってくる後遺症は、本人だけでなく周りの人生も変えて行きます。生まれてしまった障害を受け入れ、一緒に生きていくことが出来るかどうかが問われます。

江本の場合、小笠のことは勿論愛しているはず。

しかしあまりに急な出来事だったため、どうすればいいかも分からず期待をしてしまっているのだと思います。

2人はこれからの人生を一緒に歩むことが出来るのかに注目です。

▷アンメット-ある脳外科医の日記-【2巻】へ

まとめ

この記事では2021年3月23日火曜日発売の「アンメット-ある脳外科医の日記-」第1巻の内容と無料で読む方法についてまとめました。

お役に立てると嬉しいです。