アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-48話ネタバレ!あくまでフィクションであると言う事

2022年1月27日発売のモーニングより、「アンメット-ある脳外科医の日記-」48話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

論文の進み具合に障害が出ている理由は、丘陵セントラル。 西島会長は焦りの余りか、綾野と麻衣の政略結婚を早く進めたいようです。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-47話のネタバレはこちら

アンメット-ある脳外科医の日記-48話ネタバレ!

綾野の下に電話がかかってきました。

電話をかけてきたのはあの三瓶先生です。

2人は待ち合わせをしていた寿司屋に行くことになりました。

三瓶先生は後見えてもなんと魚の目利きはきくようで新鮮な魚を見分けることができるのでした。

2人でおいしいお刺身をほおばった後は本題に入ります。

話と言うのは大迫教授が薬の予防投与には否定的な立場なのに、川内先生にだけ予防投与行っているのが不思議だと思っていた点でした。

三瓶先生は綾野に川内ミヤビにてんかんの症状があったのか調べてほしいと言うことでした。

綾野は家に帰る麻衣に電話をします。

綾野も話を聞いてみると大迫教授がいつもと違う治療方針をとっていることをやはり疑問に思っているようでした。

綾野が麻衣に電話をしたのは大迫教授の電子カルテのパスワードを知らないかと言うことをだったのです。

麻衣は自分が何を言ってるのか分かってるのかと大きな声を上げました。

綾野は川内先生は本当は薬をやめたがっていると説得をしようとしています。

次の日、麻衣は川内ミヤビのところを訪ねました。

ミヤビは病気の影響で、麻衣の事は覚えていないようでした。

 

 

アンメット-ある脳外科医の日記-48話の感想

タイミングよく現在プラネテスと言うアニメが話題になっていることを知っている人も多いでしょう。

その時に出されていた意見として、なぜ医療関係のドラマは現実と剥離していても大して大きな問題にならないのに、宇宙関連はこんな風になってしまうのかと言うのがありました。

自分として1番納得したのは塩関係の作品がファンタジーと言うのは多くの人がわかっているのに、プラネテスだけ一極集中で非難されてしまうのではないかと言う意見がありました。

確かに医療関係の作品とスペースデブリについて描かれた作品はその数が比べ物にならないですよね。

この作品もちょっと難しいテーマについて描かれることが多いですが、あくまでフィクションであると言うことを前提に楽しんでほしいと思います。