アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-51話ネタバレ!Amnesiac

2022年2月17日発売のモーニングより、「アンメット-ある脳外科医の日記-」51話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

川内先生の検査結果を記者確信する大迫教授。 そこに隠されている真実は何なのだろうか。 そして川内先生が勤務中に突然立ち上がって歩き始めた。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-50話のネタバレはこちら

 

 

アンメット-ある脳外科医の日記-51話ネタバレ!

川内先生は仕事中に財布がないと言い出して突然立ち上がり始めました。

さらに突然意味不明なことをつぶやいています。

星前先生があまりにも緊急事態だと感じたので三瓶先生をたたき起こしました。

警備員と顔合わせる川内先生。

警備員は川内先生が何か怯えているように見えてただごとではないと言うことを感じておりました。

警備員は緊急事態だと思って病院の中に不審者が入っているのではないかとそれぞれの場所に連絡を入れます

そして呼び出された警備員たちは後を追ってきた星前先生を取り押さえてしまいました。

しかし警備員たちはすぐにそれが病院の先生だと言うことに気がついたのでした。

男たちがそんなことをやっている間に川内先生は廊下をおくに歩いて行きます。

目の前に三瓶先生が現れました。

三瓶先生はまず川内先生をソファーに座らせました。

その症状は側頭葉てんかんです。

この病気は夢遊病のような症状が現れてしまう病気だったのでした。

川内先生はさらにわけのわからないようなことを口走っています。

川内先生の体が震えだしたことを三瓶先生は発見します。

これはすぐに急患室に運んだほうがいいと大変なことになりました。

川内先生を診察室に連れて行って横にするとだいぶ症状が落ち着いたようです。

川内先生がこんなことになった理由は薬を飲んでいなかったから起きた事でした。

理由は自分の症状をはっきりさせるためにこういう行動に至ったと言うことでした。

さらに川内先生はなんと昨日あったことを何も覚えていないようです。

昨日自分で手術を執刀したと言うことすら覚えていなかったのでした。

 

アンメット-ある脳外科医の日記-51話の感想

アムネシア、レディオヘッドのアルバムのタイトルかと思いましたけど調べてみると健忘という意味らしいですね。

考えられる事は大迫教授が川内先生の症状を利用して論文作りに利用していたと言うことかな。

しかし事実にかかわらずさすがに川内先生はもう病院では働けないと思うんですけどどうでしょうか。