アオのハコ

アオのハコ37話ネタバレ!君をなくしたのは

2022年1月24日発売の少年ジャンプより、「アオのハコ」37話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

迷子を送り届けてひなと交流する大喜。

ひなも今日ここで見た花火は2人だったからこそ意味があるものだと大満足でした。

ひなは心の中で来年もずっと一緒に2人で花火を見ていたいと思っているのでした。

 

 

アオのハコ36話のネタバレはこちら

アオのハコ37話ネタバレ!

千夏が今日も元気にお母さんに挨拶をしています。

大喜は朝早くからランニングに出かけているそうです。

大喜は部活で自分の体力不足を感じたのでこうやってランニングで体力をつけようとしていたのでした。

千夏はバスケ部の練習に励んでいます。

インターハイ直前と言うこともあり千夏は緊張しているのかパスミスがあったようです。

キャプテンからあまり硬くなりすぎずに自分の力を出していけばいいだけだと励まされました。

大喜は針生先輩が以前よりもさらに強くなっていたと感じています。

自分も一生懸命練習しないと追いつけないなと思いながらシャトルコックを打ちます。

シャトルコックが座っているひなのところまで飛んでいってしまいました。

ひなにシャトルコックをとってもらおうとしたけどひなは耳にBluetoothのイヤホンをして完全に自分の世界に入っているようでした。

大喜は邪魔をしないように聞こえるか聞こえないかの声でそっと挨拶をしてシャトルコックを回収しました。

昼休憩に入ると大喜は朝からランニングをしていたと言うこともあって廊下で思いっきりいびきをかいて寝ています。

千夏先輩がそんないびきをかいて寝ている大喜の姿を発見しました。

千夏先輩は寝ている大喜に質問をしても返事がないと知っていながらもこんなことを言っていました。

ひなといつの間に付き合い始めたのかと言うことです。

場合によっては同居している自分の気持ちも変わってくると言うことを伝えたかったようです。

それに千夏先輩は嘘をつかれたと言うことも少し寂しく思っていたのでした。

アオのハコ37話の感想

あえて感想を調べたりしないけど、最近の千夏先輩の言動は賛否両論なんじゃないかなぁ。

まず必要以上にお互いの距離を近くしないと言うことを決めたのは、千夏先輩の方なのに今さら何を言っていいのかなぁと言う印象です。

よって大喜は何をしようと完全にフリーなわけです。

まだ高校生ですからこういう気持ちがわかると言えばわかりますけど。

千夏先輩は人のことよりもまず、自分が本当は一体誰が好きなのかと言うことを自分でわかる必要がありますね。