ヤングマガジン

アルキメデスの大戦【210話】最新話ネタバレ感想|満州の価値

こんにちは。2020年3月23日発売の週刊ヤングマガジンより、アルキメデスの大戦【210話】「満州の価値」を読みました。この記事ではアルキメデスの大戦【210話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

209話では、主人公の海軍の櫂直は、アメリカとの開戦を阻止するための和平交渉を行いました。同席した陸軍の牟田口少将の協力も得られました。

首相、陸軍や海軍らの幹部たちへの和平協議報告会議の席で、牟田口がアメリカからの和平合意の条件を報告すると東条中将が激怒してしまいました。

➡「アルキメデスの大戦」の最新刊を『試し読み』からいますぐチェック

アルキメデスの大戦【210話】最新話ネタバレあらすじ

櫂直は報告会議の席で、首相や陸軍海軍ら幹部たちにアメリカとの開戦を避け和平を結ぶことを訴えます。

アメリカから要求された中国からの日本軍撤退という条件をのむことで、満州国を守れると言います。

更に、アメリカから要求された中国国境地帯と満州国にアメリカの監視部隊を置くことを逆に利用できると述べます。

満州国への中国の干渉を防ぐのと背後のソ連をけん制するのにアメリカ軍の存在を利用しようというのが櫂直の狙いです。

猛反発する陸軍幹部と陸軍のやり方に不満を持つ海軍幹部が、席上で激しくやりあいます。改めて撤退による日本の利益について質問された櫂直は、ソ連への備えと満州国の国力の向上につながると答えます。

ここで、櫂直はアメリカにある提案をしたことについて切り出します。

日本が保有する満州鉄道の株式をアメリカに売却するという内容です。

幹部一同仰天しますが、櫂直は売却による様々なメリットについて説明します。

それによって、アメリカが満州国を事実上承認したも同然となり、アメリカンの資本で益々満州は発展でき、中国へのアメリカの影響力も利用できるなどです。

しかも、アメリカが満州鉄道の株式を高く買い取ってくれることで外貨不足問題が好転するという事も政府幹部の表情が一変します。

櫂直はすかさず、同席した陸軍の牟田口少将の交渉力による成果だと強調します。

なおも険しい表情の東条中将らに向かって、満州の価値を高めたのはひとえに陸軍のおかげと言って反論の芽を摘むことに成功します。

会議の席は一気に櫂直の交渉結果に同意する空気に傾いていく中で、東条中将はひそかに反撃をたくらみます。

アルキメデスの大戦【210話】感想

かつてはとにかく真っすぐだった櫂直は、当初は足を引っ張られた牟田口少将を巧みに利用して交渉事を有利に進めていくあたりが面白く読めました。

特に印象的だったのは、満州鉄道の株式売却した外貨の金額を話すことで日本のメリットを明確に示した点です。

分かりやすく説明して説得する場合には、数字を示してメリットをはっきりさせることです。

牟田口少将を利用したり、自分自身に反感を持つ陸軍幹部の顔を立てることで、櫂直は政治的能力にますます磨きをかけていると感じました。

アルキメデスの大戦【211話】考察予想

幹部たちからは、日本軍の撤退などの条件については賛同を得られました。しかし、あくまで櫂直に反発する東条中将がこのまま黙っているとは思えません。

次回以降、あの手この手で妨害工作を仕掛けてくる事が予想されます。また、牟田口少将は元来日和見で和平交渉を手柄して出世を目論んでいるような人物です。

東条中将が切り崩しを図るうえでターゲットにされやすい人物として、目が離せない存在です。

中国からの日本軍の撤退を実行できるのかどうかも、東条が絡んでくるかもしれないなど、どんな行動に出てくるのか注目されます。

まとめ

2020年3月23日発売の週刊ヤングマガジンより、アルキメデスの大戦【210話】「満州の価値」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「アルキメデスの大戦」の最新刊を『試し読み』からいますぐチェック