ヤングマガジン

アルキメデスの大戦【216話】ネタバレ考察!櫂が反逆罪として逮捕される?

こんにちは。2020年5月11日発売のヤングマガジンより、アルキメデスの大戦【216話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(216話の確定記事はこちら

215話では、米国との和平協議のため南洋諸島と北方列島の交換を提案した櫂の意見に賛同する山本五十六。 しかし、その目的は北方ルートによる艦載機を主軸にした、ハワイ攻略を視野に入れたためでした。

ともかく領土交換を海軍首脳部から了承を得ましたが、「大和」売却という最後の説得材料が残っています。

アルキメデスの大戦【216話】ネタバレ「歴史話との転換点」

賢明な読者であればご存じの通り、櫂は実在したキャラクターではありません。

それでも何とか実際の歴史と齟齬が出ないように多少強引ながらもストーリーは進めてきましたが、ここから先は第二次大戦に突入するか否かの大事な分岐点になります。

このまま歴史通りに太平洋戦争が開戦してしまうのか。

それとも戦争を回避したオリジナルストーリーとして進むのか。次回以降の櫂の意見に対する軍部首脳部の反応やセリフで、物語がどちらのルートに向かうか予想するのも楽しみです。

アルキメデスの大戦【216話】ネタバレ「櫂が反逆罪として逮捕される?」

予告に書かれていた特高の気になる動きが気になります。表向きは銀座の洋服商を営みながら裏では米国のスパイとして暗躍していたマキ。

そのマキを通して米国との情報戦を仕掛けていた櫂。

特高はマキがスパイの疑惑ありと突き止めはしたものの、政府や軍部の内部協力者が誰であるのかは分からず終いでした。

現時点で特高が掴んだ情報は背の高いイケメンというだけで、櫂にまで辿り着くことはありませんでしたが「蛇の道は蛇」とも言います。

櫂に繋がる決定的な証拠が見つからなければ良いのですが…。

➡「ヤングマガジン」を『試し読み』からいますぐチェック!

アルキメデスの大戦【216話】ネタバレ「『大和』売却で戦争回避は可能か?」

櫂が提案した北方列島獲得の目的は、214話で明らかとなったように「国家百年の大計」を見据えたものでした。

しかし、その考えは山本のハワイ攻略計画の完成に手を貸すことになりました。劇中では温厚そうな山本もやはり職業軍人。戦争に勝つことを考えていても不思議ではありません。

「大和」売却で日本の技術力の高さを見せつけ、米国が日本との戦争を諦めることを櫂は目論んでいますが、大和の情報を軍備増強に利用する米国人が居てもおかしくはないでしょう。

敵に塩を送る展開にならなければ良いのですが…。

まとめ

2020年5月11日発売のヤングマガジンより、アルキメデスの大戦【216話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

➡「ヤングマガジン」を『試し読み』からいますぐチェック!