あせとせっけん

あせとせっけん【75話】最新話ネタバレ感想|8月の終わり

こんにちは。2020年5月21日発売のモーニングより、あせとせっけん【75話】「8月の終わり」を読みました。

74話では、麻子が風邪をひいてしまいました。会社を休んだ麻子の代わりに買い出し等をする香太郎は自分が麻子に看病してもらった時の気持ちを思い出して麻子におかゆを作ってあげることにしますがおかゆは大失敗。

しかし麻子はそんな香太郎の気持ちが嬉しくて手作りのおかゆをいただくのでした。

あせとせっけん【75話】最新話ネタバレあらすじ

香太郎に体も拭いてもらいすっきりした麻子は、流石に一緒に寝ることが出来ない香太郎がどこで寝るのか気になり質問します。

香太郎がソファの上でタオルケットをかけて眠るつもりだと答えると、麻子は1人暮らしの時に使っていた布団があると教えてくれました。

麻子に言われるがまま香太郎は圧縮された麻子の布団を持ってきました。

麻子はベッドを占領してしまう事を申し訳なさそうにしていますが、香太郎は突如目の前に現れた麻子の布団の真空パックに衝撃を受けている真っ最中。

ありがたく布団を使わせてもらうことにします。

リビングに布団を広げる香太郎。

麻子の布団

麻子の前の家の香りを纏った物が残っていることに驚きを隠せません。

電気を消し香太郎は布団に顔を押し付けます。

ほのかに香る以前の麻子の家のにおい。

同じ洗剤を使っているはずなのに違う香りがする理由を香太郎は考えながらにおいを堪能します。

ベッドが一つ

そして申し訳なさそうにしていた麻子の顔をようやく思い出します。

今回、麻子が風邪をひいて初めてベッドが1つだと不便になることがあると分かりました。

これまでは他に不便だと感じたことはありませんが、長く一緒に居れば不便も物も増えていくと香太郎は気づきました。

家族が増えることになればなおさらです。

そんなことを考えているとだんだん香太郎の頭はさえていき眠れなくなってしまいました。

午前0時

時刻は0時を回り、喉が渇いたと麻子が部屋を出てくると香太郎はパソコンに向かい仕事をしていました。

香太郎はイヤホンを着けて集中しているので麻子は香太郎の邪魔をしないようにそろそろと部屋の端を移動します。

しかし冷蔵庫を開けたところで香太郎が気付いてしまいました。

突然現れた麻子に驚いた香太郎。

麻子は謝り、喉が渇いたことを告げますが同時にお腹がなってしまいます。

香太郎が買ってきたもの

赤面する麻子は聞かなかったことにしてくれと言いますが流石に難しいと香太郎は何か食べるか聞きます。

しかし夜も遅いためしっかり食べることに抵抗がある麻子は冷蔵庫の中に飲むヨーグルトを見つけました。

麻子に頼まれて香太郎が買った物ですが、すっかり忘れていた麻子は喜びます。

その様子から麻子が大分よくなってきたことに一安心する香太郎に、麻子は香太郎の看病のおかげだと言います。

しかしおかゆ作りを失敗してしまった香太郎は苦笑い。

それでも麻子は失敗だとは思っていないといいます。

麻子の料理の腕前

これは麻子の優しさではなく本当の事でした。

ふりかけで美味しく食べることが出来たと言う麻子は、自分が失敗した料理も香太郎はちゃんと食べてくれることを話し始めます。

元々料理が得意ではなかった麻子は、失敗したおかゆを隠そうとする香太郎を見て、初めて香太郎に料理を作った時の自分を思い出したのです。

麻子が初めて作った料理がネギだれ焼きだと覚えている香太郎は全然失敗ではなかったと言いますが、自分の母のネギだれ焼きの味が強く印象に残る麻子にとっては自分が作ったネギだれ焼きは65点だったと今だから告白します。

低評価だったからこそ、始めて料理を振る舞った時からおいしそうに食べてくれる香太郎の姿が、麻子が料理を頑張る原動力になったのです。

麻子の料理をおいしくしているのは香太郎の「おいしい」だと言って笑顔になっている麻子を見て香太郎の中である気持ちが芽生えました。

飲むヨーグルトを飲み終わり麻子はベッドに戻っていきました。

1人になった香太郎は「おいしい」を原動力にしているという麻子の言葉から、なおさら自分も美味しいおかゆを作りたかったと思います。

「その時」

そして近いうちにリベンジをしようとカレンダーを見た時、今週で8月が終わってしまうことに気が付きました。

同棲して4か月、2人の距離も近づき麻子もかなり前向きになって来たので香太郎はそろそろ切り出すかどうかを考え始めました。

麻子の不安を拭うことが出来たのか、同棲提案の時の様に泣かせてしまうことだけは嫌だと思う香太郎は「その時」をいつ迎えることになってもちゃんと伝えられるように自分の気持ちを整理しておこうと思いました。

そして数日後。

麻子の口から突然「実家に帰る」と言う言葉が飛び出し香太郎激震。

何かしてしまったのかと青ざめて麻子に尋ねると、麻子は中学の頃の友達が地元に帰って来るため、会うついでに実家に1泊するつもりなのだと説明します。

香太郎は安心しました。

香太郎に見送られて地元に来た麻子が駅で待っていると、麻子の事を「麻」と呼ぶ女性が来ました。

黒髪を下の方で1つに結び、2歳ほどの女の子を抱いたこの女性が麻子の友達、みつきです。

➡2020年5月21日発売の「モーニング」を『試し読み』からいますぐチェック!

あせとせっけん【75話】感想

麻子の風邪の話は前回で終わったのだと思っていたのでまだ眠ってすらなかったことに驚きました。

さらに今回の話は麻子の風邪の話から香太郎が真剣に前に進もうとしていることへと変わり、最後には夏祭りの時から気になっていた麻子の友達についての話まで出てきて盛り沢山の内容でした。

香太郎が切り出そうとしているのはもちろん結婚についてでしょう。

麻子も家族の事を考えているのでいつでもOKな気がしますが、麻子の事を第1に考えてタイミングに悩む香太郎はすごく優しい男性だと思いました。

あせとせっけん【76話】考察予想

遂に登場麻子の友達みつきちゃん。見た目や麻子の事を「麻」と呼ぶ感じからしてかなりさばさばしている風に見えます。

今まで麻子と香太郎の回りには独身の人の方が多かったです。そのためここにきて麻子の前に結婚している同級生が現れることは何やら波乱の予感です。

久々に話すという事で積もる話もありますが、結婚をしているみつきはもちろん麻子に相手がいるのか気になるでしょう。香太郎のことを話す麻子が結婚を視野に入れていると言った時、みつきは結婚への後悔を語り始める予感がします。

➡あせとせっけん【76話】へ

まとめ

2020年5月21日発売のモーニングより、あせとせっけん【75話】「8月の終わり」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡2020年4月23日発売の「あせとせっけん」【7巻】を『試し読み』からいますぐチェック!