アヤシモン

アヤシモン9話ネタバレ!メタモルフォーゼ

2022年1月24日発売の少年ジャンプより、「アヤシモン」9話についてネタバレをまとめました。

前回のあらすじ

炎魔会の若頭が使う攻撃は冷たい炎。

この炎に攻撃されてしまうと熱いどころが寒くて凍えてしまうのでした。

マルオは対抗するために怒りの炎を燃やすせるのか。

アヤシモン8話のネタバレはこちら

アヤシモン9話ネタバレ!

マルオは炎魔会の若頭に攻撃を仕掛けようとまっこうから向かっていきます。

しかし若頭には物理攻撃が通用しないようで、マルオのパンチは空を切るばかりでした。

マルオはそれにもめげずに数うち当たるでたくさんの拳を振り上げます。

若頭は自分の右腕を手に振りかざしました。

そうすると竜巻のようなものが起こります。

この竜巻から出る吹雪になってしまったものはあっという間に雪だるま状態になってしまいます。

若頭は未だにあきらめようとしないマルオの頭の上めがけて巨大な氷の塊を落としました。

マルオは頭から血をたくさん吹き出していますがその巨大な氷を叩き壊します。

ウララ達も本当にマルオは人間なのかと唖然としているようです。

マルオはここまでの自分を振り返るようなことを考えていました。

マルオは戦っているバトル漫画の主人公が好きだったのです。

自分もそういう風になりたくて戦ってきたのでした。

マルオは自分に何か辛いことがあってもいつも漫画を読んで漫画の主人公に励まされてきたのでした。

しかし現実にはマルオの攻撃は若頭に全く通用していませんでした。

ウララはテンに刀を抜くように命じます。

刀を抜いた途端、ウララは巨大な妖怪に変身していたのでした。

アヤシモン9話の感想

プロレスラーのハヤブサさんも、トレーニングが辛い時は漫画の主人公の方がもっと頑張っているんだと思ってやっていたって言っていましたので、今回のエピソードは実に正しいと思います。

このマンガも地獄楽の作者ですから、頼む!そろそろブーストかけてくれ!と思いながら毎回読んでいたのですが少しかかってきたんじゃないですか?

今回と次の回位はウララの変身で乗り切れるかもしれないですけど、やっぱり主人公は何かもういっこ取り柄ないと話もうまく運んでいかないかなと感じました。

主人公は漫画が好きなので漫画の力を使って何かやるとかそんな風にしたらいいんじゃないかなぁ、漫画を読むことでその漫画の主人公になりきれる力とか?

そしてよくよく考えてみると主人公が物理の力だけで戦う漫画ってこの漫画とブラッククローバーとマッシュルと3つも同時に掲載してるんですね。