バキ道

バキ道【49話】最新話ネタバレあらすじ確定&感想!地下闘士対大相撲の勝敗予想

こんにちは。2020年1月9日発売の週刊少年チャンピオンより、バキ道【49話】のネタバレ考察予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

48話では、遂に実現した地下闘士VS大相撲の力比べ。 両陣営6人ずつの対戦の先鋒戦は、渋川流柔術の渋川と大関巨鯨です。

体重で6倍近くある相手に渋川の古武道は通用するか、それとも巨鯨が力で握りつぶすのか。 興味の尽きない一戦が始まります。

➡「バキ道」の最新刊を無料で読む

バキ道【49話】地下闘士対大相撲の勝敗予想

地下闘士対大相撲!問題は6試合しかないということです。予想するところ大相撲にもメンツを保たせるためには、3対3のドロー、つまり引き分けになるのではないでしょうか?

(先鋒) ●渋川 × 巨鯨○
(二陣)●独歩 × 猛剣○
(三陣)●花山 × 鯱鉾○
(四陣)○克己 × 獅子丸●
(副将)○刃牙 × 炎●
(大将)○宿禰 × 冷鵬●
と勝手に予想してみました。

克己は亡くなった烈海王の右腕を移植したデビュー戦という理由で今回は勝利すると思います。

バキ道【49話】数十秒の戦い

先鋒の渋川といえば、相手の小指を掴んでひっくり返すという古武術を披露したことがあります。

おそらく巨鯨に限らず相撲チームは「はっけよい」の態勢で頭から突っ込んでくると思われます。

渋川が超スピードで向かってくる敵の小指を如何にして掴むことができるのか。それとも相手の力をいなした術を使うのか。

とにかく逆に捕まるとパワーが段違い過ぎるので、敗北が確実になります。相撲という数十秒の戦いを、果たして何週かけて描かれるでしょうか。

バキ道【49話】あの人の参戦は?

団体戦は6試合です。しかし、サプライズがあるのはこのマンガではお約束です。

そこで勝敗が決めるための1試合が追加された場合を想定すると、あの地上最強の生物が参戦してくることも考えられます。

刃牙の父親、勇次郎です。しかし、過去の刃牙シリーズでは当時横綱だった金龍山をボコボコにした記憶もあるだけに、今さら乱入という気もしますが、徳川ならば今日の対戦を勇次郎に知らせているだろうから、もしかしたら既に会場のどこかで見ている可能性がありそうです。

バキ道【49話】最新話ネタバレあらすじ

道場で語り始める1人の老人。

渋川剛気です。

それは異種格闘技戦が始まる前。

渋川は、合気との出会いについて語り始めました。

昭和×年のある日・・・。

満員の見物客が、ある道場に集まっています。

その視線の先には・・・天高く足を上げる男・・・。

20台で屈強な男は宙を舞っていました。

男はそのまま、畳に叩きつけられます。

その大男を投げていたのは・・・頭のハゲタた老人・・・!?

老人は側頭部にのみ白髪を生やし、顎に白い髭を蓄えています。

仰向けに倒れる男に近づいた老人は、男の左手を捻り上げました。

痛みに声を上げる男は、うつ伏せになり畳に顔を押し付けられます。

追い打ちをかける老人は、男の背に座りあぐらをかきはじめました。

男は老人を払いのけようともがきますが、手足がバタつくのみ・・・。

50キロにも満たない老人を、若い大男が払いのけることもできないのです。

男の背で声を上げて笑う老人は、初めて口を開きました。

自分が使っている技は、古流〝合気〟だ・・・と。

老人の技に、歓声を上げる観客たち。

しかし、その完成を遮るものが現れます。

当時15~16歳。

ナマイキ盛りの、渋川剛気でした。

柔道では全国区の実力をmぽっていた渋川は、老人の技をインチキだと罵り・・・。

俺を投げてみろと老人に掴みかかります。

そんなナマイキな若造は、老人に触れた瞬間異変を感じました。

重い・・・巨大な氷嚢を身体に乗せられているかのように、とてつもなく身体が重いのです。

次の瞬間、身体に謎の重力を感じているにも関わらず・・・渋川の両脚は宙に浮きます。

そして・・・顔面から畳に叩きつけられました。

そのまま渋川は失神。

気を失い、身体は痙攣。

その場でオシッコを漏らし救急車を呼ばれたのです。

バキ道【49話】感想

今回から戦いが始まると思いきや・・・渋川剛気の過去の話でした。若い頃、合気の達人が合気と出会った物語。自分の力に自信を持っていた渋川が、合気に打ちのめされた瞬間でしたね。

冒頭で、彼はこの日を忘れるはずがないと言っています。ここで合気との出会いを振り返る意味は、次回明らかになりそうです。

今回の1話では白髭の老人が圧倒的な強さを見せました。しかし、今まで話を思い返すと、渋川は合気の師匠を若くして倒しているはずです。

ナマイキ盛りの15~16歳と言っていますが、その後もナマイキ盛りは長く続いたので話でしょうか!

バキ道【50話】考察予想

次回、巨鯨と渋川剛気の戦いが始まると思います。結果は・・・渋川剛気の勝利、であってほしいです。

今回が合気の振り返りだったことを考えると、巨鯨も合気を初体験し、過去の渋川剛気と同じ感覚を味わうと予想できます。

今回の1話は、その伏線になるはずです。それを考えると、渋川剛気の勝利は固い。

ただ、単純に戦いを終わらせないのは、今までの刃牙シリーズを見ていて分かるので、巨鯨の反撃も考えられます。

結局、勝者は読んで見ないと分からないです。両者攻防を見せて白熱した戦いになるか、渋川剛気が瞬殺で勝利するかのどちらかになると予想します。

まとめ

2020年1月9日発売の週刊少年チャンピオンより、バキ道【49話】のネタバレと50話の考察予想についてまとめました。

➡「バキ道」の最新刊を無料で読む