ブラッククローバー

ブラッククローバー【249話】ネタバレ考察!密告者の正体

こんにちは。2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、ブラッククローバー【249話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(249話の確定記事はこちら

248話では、ハート王国に攻めてきたスペード王国の魔導師。皮膚魔法を使う敵を相手に苦戦しているのは黒の暴牛の1人、ラックです。ハート王国で半年間の修行を行ったラックは、術式を扱えるようになっていました。

皮膚を硬化する敵にダメージを与えるため、自分自身を雷にする〝神雷魔法〟を発動したラック。その一撃で、敵の魔導師を倒します。

ブラッククローバー【249話】ネタバレ「部隊はヤミ&アスタVSダンテへ」

黒の暴牛のアジトを襲撃してきたのは、今回のボスであるダンテ。スペード王国に君臨する〝漆黒の三極性〟の長です。

ヤミがダンテに強烈な一撃を入れますが、悪魔の世界の魔法を使うダンテは傷を治します。
さらに、悪魔の世界の魔法をおうとするダンテ。

ヤミ1人では勝てそうにありません。

そこで、気絶しているアスタが悪魔の力を暴走させ、ダンテに挑むのではないでしょうか。
それでもヤミは連れ去られてしまうと思います。

アスタはヤミを、ユノはヴァンジャスを・・・。互いに団長を助けるために戦うのではないでしょうか。

ブラッククローバー【249話】ネタバレ「進化した暴牛の炎」

全話では、ハート王国での攻防が描かれていました。王国が誇る4人の精霊守が負けてしまい、危機に瀕しているハート王国。

敵の1人を、黒の暴牛のラックが倒しました。そこで描かれていたのは、同じく黒の暴牛のマグナが落ちこぼれとなるシーンです。

下民であり、魔力が低いマグナ。

ハート王国での修行以前に、力が足りないと言われたのです。

そこで、今回はマグナがその後の努力で成長した姿を見せてくれると予想します。スペ-ド王国の敵を、マグナが倒すことは間違いないと思います。

249話でなくても、どこかでマグナの活躍が見られるでしょう。

ブラッククローバー【249話】ネタバレ「密告者の正体」

前々話で、スペード王国内にいる密告者の存在が描かれていました。その素顔は明らかになっていませんが、ヒントが1つ・・・。

密告者は、黒の暴牛のマークを身につけていたのです。

単身でスペード王国に忍び込み、スパイ活動をする実力者で黒の暴牛の一員・・・。しかも、彼は影魔法を使っています。

考えられる候補としては、ゾラが1番に上がりますね。

最も出番が少なく謎に包まれたキャラであり、ハート王国の修行にも参加していません。これが有力かと思います。

もう1つ考えられるのは、新たな仲間の出現です。団長がヤミなので、未だに出てきていない仲間がいる可能性はあります!!

まとめ

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプより、ブラッククローバー【249話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

➡「ブラッククローバー」の最新刊を無料で読む