ブラッククローバー

ブラッククローバー【237話】最新話ネタバレ感想|クラウスの活躍!霧の魔導師を?!

こんにちは。2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、ブラッククローバー【237話】「ただ頑なに」を読みましたのでご紹介します。

236話では、スペード王国の魔導師たちに襲撃された、金色の夜明け団のアジト。そこに、副団長のユノが駆けつけます。ユノの視界に入ったのは、傷ついた仲間たちの姿・・・。

仲間たちを傷つけた零域の魔導師、ガデロアと交戦するユノ。風の剣で、ガデロアを倒すのでした。

➡「ブラッククローバー」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

ブラッククローバー【237話】最新話ネタバレあらすじ

金色の夜明け団アジト。

上階には霧が立ち込めています。

その霧は、スペード王国の魔導師の魔法でした。

霧で敵の位置がつかめず、ひたすら防御に回るのはクラウス。

鋼魔法で周囲を覆い、敵の攻撃に備えています。

その様子をあざ笑う霧の魔導師は、霧の幻覚でクラウスをさらに翻弄し始めました。

余裕の様子で、クラウスに攻撃を仕掛けます。

その頃、霧の中ではもう1人の仲間が思考を巡らせています。羅針盤魔法を使うギヴンは、霧の中で反撃のチャンスをうかがっているのです。

しかし・・・打つ手はなし。

半年前の戦いの際、ギヴンはエルフに身体を乗っ取られたいました。

クローバー王国を危機に陥れたエルフの転生者たち。その多くは、金色の夜明けの魔導師だったのです。

自信もエルフの長に身体を空渡していた団長のヴァンジャスは、今度はクローバー王国のためにエルフの力を使おうと話します。

その言葉を受け、ギヴンは身体に残ったエルフの力を、自分のものにします。

エルフの強大な力を得たギヴンですが・・・それでもこの敵はレベルが違う・・・。

そう感じています。

ギヴンが動けないままでいる間に、クラウスは霧の魔導師に追いつめられていました。

遂にトドメを刺される・・・。

その時、風が霧を晴らします。

現れたのはユノ。

ガデロアを倒し、上階へと上がってきたのでした。

しかし、先の戦いで消耗しているユノは、霧魔法によって拘束されてしまいます。

絶体絶命か・・・。

そう思われましたが、動いていたのはギヴン。ユノの風によって霧が晴れたタイミングを見計らい、魔法を発動したのです。

羅針盤魔法で、霧の鎧をはぎ取ると・・・そこにクラウスが一撃を加えました。

クラウスの鋼魔法をまともに食らった霧の魔導師は、一撃で気絶します。2人で霧の魔導師を倒したクラウスとギヴン。

しかし、喜ぶ暇もなく状況は悪化します。

3人がいる階の天井が崩れたのです。

そこから現れたのは・・・傷だらけで、気を失ったヴァンジャス。

ヴァンジャスを倒したのは、〝漆黒の三極性〟の1人、ゼノンでした。

ブラッククローバー【237話】感想

前回はユノが敵を倒しましたが、今回はクラウスの活躍が目立ちました。ユノほどの力がないクラウスですが、ギヴンのサポートもあり霧の魔導師を倒します。

最初は冷めた印象のクラウスでしたが、ユノやアスタに感化されたようですね。熱い男になっています。

半年間で、ギヴンも成長していましたが、それでも敵の魔導師に歯が立たないということで、今回の敵の強大さが分かりますね。

敵を倒した3人ですが、最後はさらに状況が悪くなります。強敵ゼノン。この危機をどうやって乗り切るのでしょうか。

➡「ブラッククローバー」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

ブラッククローバー【238話】考察予想

次回は、ゼノンとユノたちが戦うことになりそうです。ユノがスペード王国の王子だということが、ゼノンにバレる可能性もあります。

まずは、この危機をどう乗り越えるかです。考えられるのは、各団の団長が騒ぎを聞きつけ登場する。そこには魔法帝もいるかもしれません。

もしくは、ゼノンはヴァンジャス以外には興味がなく、目的を達成して帰還することも考えられます。ユノは当然追いかけるでしょうが、力の差は歴然。いずれにせよ、ヴァンジャスは敵に連れ去られるでしょう。

➡ブラッククローバー【238話】へ

まとめ

2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、ブラッククローバー【237話】「ただ頑なに」のネタバレ&238話の考察予想についてご紹介しました。

➡「ブラッククローバー」のアニメ動画や最新刊を無料で読む