ブラッククローバー

ブラッククローバー【284話】最新話ネタバレあらすじ感想|究極の魔法

こんにちは。ひらりです。

2021年3月8日発売の週刊少年ジャンプより、ブラッククローバー【284話】「究極の魔法」を読みました。

283話では、魔神を一刀両断し、スペード王国に向かおうとするアスタ。

そんなアスタの前に現れたのは・・・黒の暴牛の仲間たちです!

一方、大量の悪魔に苦戦するスペード王国のレジスタンス。国民を必死に守るレジスタンスノ前には、ノエルやラックたちが現れました!!

それでは、この記事では、ブラッククローバー【284話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブラッククローバー【284話】最新話ネタバレあらすじ

それは、エリュシアに向かったノエルたちの物語・・・。

ドリアーテという精霊の元に、パトリは案内したのです。

予知能力があるドリアーテは、ノエルたちが来ることが分かっていました。

さらには、冥府の門の話しまで・・・。

悪魔が出てきたら自分の困ると笑い、ドリアーテはノエルたちに協力すると話します。

パトリがドリアーテに会わせた理由は、究極魔法を教えるためでした。

究極魔法とは、魔導師の魔法を体現した魔法。

普通なら膨大な魔力を持つエルフにしか使えない究極魔法ですが、ノエルたちに教える理由は一つ・・・。

ハート王国の魔言術式を、習得したからです。

膨大な自然のマナを利用し、自身の魔法に還元する魔言術式。

ハート王国で修行をしたノエルたちは、究極魔法を使える条件が揃っていました。

エリュシアにいるドリアーテの元で、究極魔法を会得していたノエルたち。

究極魔法を術式でコントロールし、正確に悪魔だけを狙うノエルやハート王国の魔導師たち。

ロロペチカを取り戻すため、ヴァニカとの戦いに挑もうとするノエル。

ただ、冥府の門からはさらなる悪魔が出てきます。

先に出た大量の悪魔たちは、下位悪魔。

今回の悪魔は・・・中位とレベルが上がっていました。

事前に、ドリアーテから得ていた悪魔の情報。

彼女は下位の悪魔なら、問題なくなぎ払えると話していました。

しかし、中位悪魔より上からが本当の戦い!!

ドリアーテはそう話したのです。

現れたのは、その問題である中位悪魔。

そんな強敵に挑むのは、強者との戦いを求めるラックでした。

自分の究極魔法を試したいラックは、一人で中位悪魔に挑みます。

今までとは次元の違う魔力を放つ、中位悪魔たち。

魔力を溜め、攻撃を放とうとした瞬間・・・。

何故か、悪魔の腕が切断されました。

光を身に纏い、腕を切断したのはラック!!?

雷究極魔法〝雷霆刹那戦鬼〟を発動したのです!!

腕を切断したと同時に、全ての悪魔の首が飛ぶ・・・。

ラックは一瞬で、中位悪魔を倒してしまいました。

圧倒的な速さと破壊力を見せつけたラック。

しかし、そんなラックでも恐怖する魔力が城の中から・・・。

その魔力を放っている上位悪魔は、ナハトを張り付けにして遊んでいるのです。

ブラッククローバー【284話】感想

大量の悪魔に対し、圧倒的な力を見せたのは究極魔法を使うラック。

エルフの膨大な魔力が必須の究極魔法ですが、魔言術式の習得によって会得が可能となりました。

半年間の修行では悪魔憑きに及ばなかったノエルやラックたちですが、その修行は無駄ではなかったようです。

半年間の準備があってこそ、さらなる高みへと行き着くことができたようですね!

ただ、上位悪魔は異次元の存在・・・。

そんな異次元の悪魔が、城内には2体も潜んでいるのです。

ブラッククローバー【285話】考察予想

次回はフィンラルの魔法により、アスタが現れると予想します。

一方的にいたぶられるナハトを助けるのは、やはりアスタでしょう!!

さらに、その場にはダンテもいます。一方、ヴァニカに挑むのはノエル。

それぞれ因縁の戦いに、挑むことになりそうですね。

もしくは、2体の悪魔は姿を消している可能性もあります。

アスタはダンテを倒し、ヤミとヴァンジャスを救出!!

ヤミとのコンビを復活させ、上位悪魔に挑むのかもしれませんね!

ブラッククローバー【285話】へ

まとめ

この記事では、ブラッククローバー【284話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ブラッククローバー」を1冊無料で読む