ブルーロック

ブルーロック160話ネタバレ最新確定と感想は?潔の目に映る蜂楽の進化

2022年1月26日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【160話】「ジンガ×モンスター」を読みました。

159話では、バスタードドイツとバルチャスペインの試合がついにキックオフ。

潔を初め、ブルーロックのメンバーのほとんどはベンチスタートとなりました。

しかしバスタードのメンバーに混じって唯一ブルーロックから出場するのが敗者復活戦から上がってきた國神。

國神は今まで見られなかったような利己的なプレーとぶち上げた身体能力でゴールを狙います。

そのプレーをネスに咎められますが、自分のプレーを貫き通す國神。

そんな時、蜂楽の元にボールが渡ります。

ついに蜂楽の進化を目にする番です。

それでは、この記事では、ブルーロック【160話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

ブルーロック160話ネタバレ最新あらすじ

蜂楽がドリブルでゴールに向かっていきます。

潔はたった10日でスペインのレギュラーに選ばれた蜂楽の進化を息を飲んで見つめています。

BPM上げてくと言い、まるで踊るように ドリブルを続ける蜂楽。

10日前のスペイン棟。

本物のバルチャU20のメンバーと本物のラヴィーニョの登場にブルーロックのメンバーはすげぇ!とザワザワしています。

そこでまず渡されたのがイヤホン。

イヤホンを耳に付けると、ラヴィーニョのYOYO楽に行こうぜブルーロックボーイズ、というノリノリの言葉がきっちり日本語で聞こえます。

ラヴィーニョに本当に教えてもらえるのかと聞くと、ラヴィーニョは特徴的なサングラスを外します。

確かに俺はお前らの指導者だが、サッカーなんて教えてやんねぇと舌をべーと出すラヴィーニョ。

ブルーロックのメンバーは予想外の返事にへっと素っ頓狂な声が出ます。

ラヴィーニョが言うには、ここは世界一のストライカーを生み出す場所、世界一は自分だからお前らに教えてやらねぇとのこと。

何かフザケてる。

ラヴィーニョの言葉に蜂楽は臆せず世界一はノエルノアじゃないのかと言います。

それを聞いたラヴィーニョは喧嘩売ってんのかイエローヘッドと怒っています。

蜂楽は引くことなくTVでやってたと答えます。

すると俺の中に世界一を飼っているから誰がなんと言おうと俺が世界一だと顔を近づけてきます。

そして、それが自分の想像力なのだと。 世界一になりたければ誰の言うことも聞くんじゃねぇとノリノリのラヴィーニョ。

母国のブラジルにジンガという言葉があると言います。

ジンガはフラフラするとか揺れるとかって意味で、格闘技と音楽が融合した言葉だと説明します。

最初はすごいやつのモノマネでもいいから、そこからミックスして自分だけのイメージを作ることから、自己独創性はここから始まるとひたすらリフティングし続けています。

ラヴィーニョのイメージは蝶。

フィールドはステージ。

そこで世界一のイメージをダンスする。

そうやってラヴィーニョはスターになりました。

サッカーはアドリブとセッション、気持ちのいいリズムの奪い合いだと聞いた蜂楽はワクワクし始め、ラヴィーニョのボールを奪い取ります。

蜂楽のイメージを表現できるのは蜂楽しかいない。

それを最新のトレーニングがサポートしてくれます。

蜂楽は3Dで自分のモーションを確認します。

それを見て、自分はこんな動きをしているのかと思い、更に自分の世界一のイメージと混ぜるようラヴィーニョの動きを取り入れてみようと思います。

そして、そのための肉体とイマジネーションが欲しいとトレーニングに励みます。

蜂楽はラヴィーニョに自分の中に住む怪物の話をします。

ラヴィーニョはいいルーツだと言います。

蜂楽はそのかいぶつを乗り越えて、強くなったからもっと強くなるためにはこの先何をイメージしたらいいのかと尋ねます。

蜂楽の足元では怪物が蠢いています。

ラヴィーニョはその怪物を次のステージに進化させるだけだと答えます。

それが蜂楽の世界一への新たなる自己独創性の道標だ、ラヴィーニョはそう背中を押します。

蜂楽はボールを自在に操り、ドイツの選手を次々と抜いていきます。

それを見て潔はドリブルの姿勢が前と変わり、力感がなくなり、軸が残っていることに気が付きます。

ドイツの選手は蜂楽のドリブルに何だこいつのドリブル、次の選択肢が無数にあるのに次を打ってこないと圧倒されます。

これがラヴィーニョのジンガと蜂楽の怪物の融合。

対峙する相手は焦らせれ、クソォとボールを取りに前に出てしまいます。

その瞬間、蜂楽はスッと相手の横をすり抜けていきます。

蜂楽の新しいドリブル戦法、ジンガ×モンスター。

潔はすげぇと見惚れます。

しかし、そんな蜂楽の前に國神が立ちはだかります。

ブルーロック160話感想

次回の國神に続き、蜂楽の進化を披露する番でした。

蜂楽は指導者のラヴィーニョと合っているように感じます。

ラヴィーニョの指導が合っていたからこその蜂楽の進化、それに蜂楽の努力も合わさって無敵ですね。

蜂楽はよく楽しそうにサッカーをしているので、この楽しそうな雰囲気がなくなることなくサッカーをしていて良かったなぁと思います。

進化した國神対蜂楽の戦いも楽しみです。

ブルーロック161話考察予想

最後に蜂楽の前に現れた國神。

國神相手に蜂楽は新しいドリブル戦法のジンガ×モンスターを繰り出します。

ジンガ×モンスターに翻弄されつつも、止めに入る國神。

さぁ、蜂楽のシュートというところで、スペインの選手でカイザー辺りがシュートを止めに入るのではないかと思います。

まとめ

この記事では、ブルーロック【160話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

[sc name=”magazin-u-next”