ブルーロック

ブルーロック163話ネタバレ最新確定と感想は?チャンスとピンチの理論、潔のデビュー戦

2022年2月22日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【163話】「体現者」を読みました。

162話では、魔術師ネスのボールさばきにより無尽に選択肢が広がっていくバスタードミュンヘン。

そこでカイザーがネスのパスを受け取りに、シュートを放ちます。

パスをもらってから、シュートに向かうまでの速さに圧倒される潔。

それを見ていたノエルノアはシュートモーションからシュートまでの速さは自分をも超えると言っています。

カイザーインパクトにより1点を奪い返したバスタードミュンヘン。

そこから更に試合は熱い展開へと向かっていきます。

それでは、この記事では、ブルーロック【163話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼登録簡単!無料で読むならU-NEXT▼

U-NEXTがおすすめな理由

U-NEXT アニメ 無料

初回限定31日間無料

漫画ランキング▶こちら

今話題のアニメ▶こちら

▼今すぐチェック▼

▼月額課金制に不安を感じるなら「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

そんな不安から解消!

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから!

▼3000冊以上無料で読めちゃう▼

ブルーロック163話あらすじ確定

カイザーインパクトにより、1点を取り返したチームバスタードミュンヘン。

そのカイザーの世界一の振り速度を誇る右足のシュートはノエルノアも認めています。

そのシュートに潔は思わず感服します。

そしてバスタードミュンヘンの哲学の元に周りの人間がいるのだと思っていた認識が、カイザーという才能そのものがこのチームの哲学だという認識に変わります。

すべてのゴールの終着点にカイザーインパクトがあることで、チームの合理性が成立しています。

世界最高唯一無二の0→1。 以前絵心が言っていた言葉を思い出します。

つまりは、カイザーこそが世界一の資質を持つ、ブルーロックの理想の体現者なのだろうか? だとしたら自分はどうするべきか? 潔は改めて考えます。

蜂楽はカイザーに世界にはエグいのがいるけど、これから踊り潰すと宣戦布告です。

そこで、この試合を見て盛り上がってきたバルチャスペイン側の指導的ストライカーであるラヴィーニョが出るつもりはなかったんだけど、とジャージを脱ぎます。

スターチェンジシステムです。 バスタードミュンヘン側のベンチがざわつきます。

主役は俺がもらうと笑うラヴィーニョ。

そんなラヴィーニョに対し、ノエルノアは相変わらず大人気ないと言いながらも、自分のジャージを脱ぎます。

バスタードミュンヘンもスターチェンジシステムを使うようです。

ノエルノアとラヴィーニョの参戦に両ベンチは盛り上がりを見せます。

いきなり世界一の戦いが見られます。

チャンピオンズリーグの決勝以来かと挨拶するラヴィーニョに、ノエルノアは準決勝だと返します。

お前は去年ウチに負けてるんだから、データを改ざんするなと言うノエルノアに、ラヴィーニョはノエルノアのつまらない合理サッカーを教えられて可哀想だと反論します。

しかし、ちゃんとした大人がいないお子ちゃまチームだと言われてたラヴィーニョは血管が切れそうです。

仲がいいとはお世辞にも言えなさそうな2人。

ノエルノアは國神に國神の理論が聞きたいと言います。

バスタードミュンヘンで戦うにはカイザーを攻撃の中心とした新しい選択肢になるか、カイザーよりストライカーとして上であることを示すかの2択です。

しかし、國神はこの試合中でどちらの選択肢も失敗してしまいました。

これには國神も反論はありません。

ノエルノアはベンチに向かって、チャンスの対義はピンチであり、チャンスの機会を取り逃がしたとき、その差額分のピンチが訪れるのだと言います。

成果と代償は等分。

そのチャンスを掴みそこねた國神に代償を払えと言い、ノエルノアは潔との交代を言い渡します。

まさかの交代に潔も驚いた様子。

しかし同じくベンチにいた雪宮は、自分の方が潔よりもトレーニングの数値が上だと納得がいかないようで、ノエルノアに抗議します。

それには、潔を出すのは世界が望んでいるからファンサービスだと答えます。

それにはベンチにいる面々も納得がいきません。

早くしろブルーロックの英雄と言われ、潔は思いっきりジャージを脱ぎます。

こんなにも早くチャンスがくるなんて…スーパースターたちの戦場へダイブします。

これが潔の新英雄対戦デビュー戦。

コートには各チームのメンバーたち。

そこに潔も姿を表します。

潔の登場を楽しみにしていた蜂楽とカイザー。

この機会を逃さないと、潔の勝負が今幕を開けます。

ブルーロック163話感想

ついに、潔の登場です。

待ってました。

ノエルノアと、潔の出場は別々かなぁ?と思っていたのですが、まさか一緒に出るとは…。

これはノエルノアからも、この試合からも潔は学ぶことが山程ありますね。

次回から潔とノエルノアの試合が見られるかと思うと楽しみです。

そして、そこに蜂楽がどうかかわってくるのかも楽しみにしたいと思います。

ブルーロック164話考察予想

試合に出ていきなり潔が活躍するのは難しいと思います。

まずはノエルノアとラヴィーニョの激しい戦いが見られるのではないかと思います。

お互い譲らない攻防戦を繰り広げ、会場が盛り上がってきたところで3分終了。

そこからが潔の見せ場にやってくるのではないかと思います。

まとめ

この記事では、ブルーロック【163話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

[sc name=”magazin-u-next”