ブルーロック

ブルーロック【85話】最新話ネタバレ感想|「8秒前」予想外の展開に!8秒前

こんにちは。2020年5月27日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【85話】「8秒前」を読みました。

84話では、5点先取のミニゲームで4-4の同点となりました。終盤に来てエゴを出し始めたのは蜂楽。パサーだった彼は、自分のエゴでドリブルを選択し突き進んでいきます。

3人に囲まれ絶体絶命の状況でも・・・蜂楽はドリブルを選択し、3人をぶち抜くのでした。

それでは、この記事では、ブルーロック【85話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック【85話】最新話ネタバレあらすじ

蜂楽が華麗なドリブル突破を見せた8秒前・・・。

守備へと戻る潔は、凜をマークしていました。

どこかでパスを出されたら絶体絶命の状況で、凜に張り付いていた潔ですが・・・凜から離れ、何故かゴール前に走り出します。

蜂楽とともにサッカーをしてきた潔は、蜂楽が自分のエゴを貫くと信じたのです。

蜂楽の変化に気付き、エゴを出すと信じ切った潔は・・・蜂楽の元に向かってシュートをブロックしたのです。

この瞬間・・・潔の先を読む力は、確実に凜を越えていました。

全てのプレーを読んだ潔がブロックしたボールは・・・脚に当たって高く上がります・・・。

そのボールの角度が少しでも違えば・・・未来は変わったかもしれない・・・。

高々と上がったボールは、無慈悲に残酷に勝者の元へと・・・舞い降りました。

たまたま上がったボールは、凜の足下に吸い込まれたのです。

そのままシュートを突き刺し、試合は終了。

5-4でチームREDが勝利を決めます!

その瞬間を見て、固まるチームWHITEのメンバー。

潔は地面を叩き悔しがります。

一方で跳んで時光は跳ねて蟻生に飛びつきます。

ルール上、勝利チームは相手チームから1人を引き抜くことができる。いつも凜は興味が無いので、選出を考える蟻生と時光。

その様子を見ている蜂楽は、2人に進言しようと脚を踏み出しています。

その瞬間・・・口を開いたのは凜。

今回は自分が選ぶ。異論は許さないと言い始めたのです。

凜がえらんだのは・・・潔世一!!

初めて敗北感を味合わせた相手を近くに置き、絶対的な勝利を突きつけてやると凜は断言します。

その言葉を聞いて、蜂楽は笑うのでした。

➡「週刊少年マガジン」を『試し読み』からいますぐチェック

ブルーロック【85話】感想

チームRED VS チームWHITE。遂に決着が着きました!!これは予想外!!!
勝利したのはチームREDです。最後の最後で神様は凜に微笑んだのです。

潔がリベンジを果たすと思っていたので、完全に予想が外れました。しかし、勝ったはずの凜は潔に敗北感を味あわされたと感じているようです。

最後の1プレーで、潔は凜の予測を上回りました。偶然勝っただけで、凜はその勝ち方が許せなかったのでしょう。

負けはしましたが、潔は試験を突破できて良かったですね!

ブルーロック【86話】考察予想

試験を突破した潔と蜂楽は次のステージに進みます。残されたのは馬狼、千切、凪。次回からはこの3人が中心になるかもしれません!

特に凪と馬狼はここで終わる選手では無いと思うので、進化して現れる可能性が高いと思います。

彼らが勝ち上がるまでの物語も見てみたいですよね!そして、再び同じチームになった潔と蜂楽。

このコンビが活躍することは間違いありません。ナンバー1プレーヤーの凜は、次の試験でも潔の前に立ちはだかりそうです!

➡ブルーロック【86話】へ

まとめ

2020年5月27日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【85話】「8秒前」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む