僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【246話】最新話ネタバレ感想|247話を考察

こんにちは。2019年10月12日(土)発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【第246話】「メッセージ」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

245話では、ホークスがエンデヴァーに一刻も早く伝えたかったメッセージ、エンデヴァーはそれに気づきました。

遠まわしすぎるホークスの伝達手段でしたが、いつものホークスとはあまりに真逆なその態度はしっかりとエンデヴァーに伝わっていました。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【246話】最新話ネタバレあらすじ

泥花市での戦いで死柄木の個性は覚醒しました。

触れたものだけでなく、それに追随するものも破壊できるようになった死柄木に、氏子ドクターはどうしてこれ以上の力を望むのかと問います。

死柄木は今もまだ人を殺しきることも出来ず、全力の1回だけでぼろぼろになる自分の体ではダメだと言います。

もうヒーローを侮らない、オールマイトやその意思を継ぐ者たちを全て破壊する、次で最後にすると答えます。

氏子ドクターは流石はオール・フォー・ワンの弟子だと笑います。そして今からする手術の説明を始めます。

力に体が追いつかない、そのことを氏子ドクターは”個性特異点”と呼びます。

オール・フォー・ワンのために行っていたこの研究の話を続けるも、死柄木はもう話を聞く気はないようなので氏子ドクターは簡潔に話します。

これから4か月は地獄のような苦しみになるが、それを乗り越えた時すべてが死柄木の思い通りになる。

それはオール・フォー・ワンでも不可能だったワン・フォー・オールでさえもです。

死柄木はワン・フォー・オールという言葉に反応を示します。

場面はヒーロー側に移ります。エンデヴァーは本を読み込んでいます。

ホークスは4か月後までに全てを暴き、合図を送るからそれまでに数を備えておいてくれと伝えていました。

今回ヒーローが失敗した時の備えとしてインターンを育て始めたのです。

そのことを知り、エンデヴァーは自分の所に来た3人のインターンを自分自身が鍛え上げることを決めます。

ホークスは敵に負けず、次の春も笑って迎えられるように、学生たちの成長を切に願います。

僕のヒーローアカデミア【246話】の感想

今回はまとめと言うか次へのつなぎといった回でした。なぜ学生たちが強制でインターンをさせられているのかが明らかになりました。

つまり、学生たちはみなプロヒーローになる前に大きな戦いが待っているのです。まだそんなことは知らない学生たちはただ純粋に、必死に強くならなくてはいけません。

メインは出久たちのインターンの様子が描かれると思いますが、1-Aの他のメンバーや、他のクラス、他の学年の人の様子も見れればいいなと思います。

僕のヒーローアカデミア【247話】考察予想

今回がつなぎとなり新しいステージへの始まりとなります。次回は出久達3人をエンデヴァーが調節見ると言ったので、曖昧にただついてこいと言うのではなく、しっかりと鍛え上げるのではないでしょうか。

事件が起きた時は現場に行き、それ以外はひたすら実戦に備えての力をつけるのだと思います。生意気すぎる爆豪とエンデヴァーのやり取りがとても楽しみです。

エンデヴァーが迎えに来た時に既に気に入らない感じがひしひしと伝わって来たので、さらなるエンデヴァーのリアクションが楽しみです。

➡僕のヒーローアカデミア【247話】へ

まとめ

僕のヒーローアカデミア【第246話】「メッセージ」のネタバレと感想&247話の考察予想についてまとめました。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら