僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【254話】ネタバレあらすじ確定&感想!

こんにちは。2019年12月16日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。僕のヒーローアカデミア【第254話 】「誰よりもおまえはヒーローに」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

253話では、3学期が始まった雄英高校ですが相澤とマイクは塚内に呼ばれていました。その理由は確保していた黒霧、脳無が亡くなった相澤たちの同級生、白雲朧の個性をもとに作られた可能性が出てきたからです。相澤、マイクは言葉を失いました。

➡「僕のヒーローアカデミア」の最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【254話】最新話ネタバレあらすじ

白雲朧は相澤と同じインターン先で、倒壊する建物に巻き込まれて死を迎えました。

3人で事務所を立てようと言っていた白雲。今回調査の結果で判明したのが、黒霧は脳無でありそのベースが白雲の遺体である可能性が極めて高いという事です。

オール・フォー・ワンが言っていた雄英には優れた個性が集まるという言葉。

おそらく雄英の生徒が死んだ際に遺体を火葬する過程ですり替え、脳無を生み出していたのです。

そこには意味はなく、あるのは悪意だけです。今回どうして相澤とマイクがここに呼ばれたのかを聞きます。

そこには以前エンデヴァーが脳無を倒した時の出来事が起因していました。

エンデヴァーと戦った脳無は強者への執着があり、ベースとなっているのは地下格闘で生計を立てていた男でした。

つまり、脳無は生前の人格を残している可能性があるのです。

以前黒霧との戦闘経験のある相澤はその可能性を否定するも、塚内は黒霧の口を割ることが出来るかもしれないと言うわずかな期待を持って、相澤とマイクに白雲の“執着”を呼び覚まして欲しいと頼みます。

今は個性が使えないように眠らせていた黒霧を、相澤が個性を発動したため目覚めさせました。

目覚めた黒霧の顔がモヤモヤしていることにマイクが疑問を抱きますが、相澤の個性で消えないと言うことは、このモヤはもとの身体の作りのようです。

白雲と黒霧の間に共通点はない、とマイクは判断します。

黒霧は死柄木弔の心配をすると、死柄木の世話をすることが自分の使命だと話します。

放っておけない、と話す黒霧の姿は相澤が拾えなかった子猫を迷わず拾ってきた白雲の姿と重なります。

相澤のことをいつも引っ張っくれた白雲の姿がどんどん浮かんできます。

相澤は今マイクと共に先生をやっていると口にします。

生徒に厳しくあたってきたと言う相澤が生徒を除籍させている回数はかなりのものだというのはグラントリノもよく知っています。

しかしそれは書類上の話です。

自己犠牲と命を捨てることを同じと勘違いしているものには死を与えると言う意味で除籍処分を与える相澤は、さらなる向上のために全員を復籍させていたのです。

それは白雲の様に誰かを引っ張っていけるヒーローに長く生きて欲しいと伝えるためです。相澤は首にかけているゴーグルを外し黒霧の方に差し出すと、まだそこに白雲がいるのであれば3人でヒーローになろうと言います。

その時黒霧の様子をモニタリングしている画面に変化が起きます。相澤は涙を流していました。

僕のヒーローアカデミア【254話】感想

よく考えると黒霧と白雲と言う名前は相対的になっているのですね。今回の話で相澤先生の優しさや、涙が見れたことは嬉しかったですが悲しかったです。USJ襲撃事件の時も相澤は生徒を守るために体を張りました。

それはヒーローとしては当然のことなのかもしれませんが、友人を失った過去と今回の発言から考えると、ものすごいことだったのだなと思いました。

自己犠牲と命を捨てることは道義じゃない、この言葉をあの時の相澤に言ってやりたいですが、ずっとつらい気持ちを抱えながらヒーローをやって来たのだと思うと相澤のことがさらに好きになりました。

僕のヒーローアカデミア【255話】考察予想

黒霧こと白雲朧に相澤の声が届くのかどうかが一番の見どころになると思っています。この様子をモニタリングしている人物は黒霧に何らかの変化を認めた様に見えます。それでも黒霧は、「何の話をしているのですけ?」などと軽く返してくるでしょう。

黒霧の中には白雲の人格が残っているはず。記憶が残っているわけではないので相澤たちとのことは覚えていないでしょうが、3人でヒーローになる、事務所を建てるという事には反応を示すのではないでしょうか?

➡僕のヒーローアカデミア【255話】へ

まとめ

僕のヒーローアカデミア【第254話 】「誰よりもおまえはヒーローに」のネタバレと感想&255話の考察予想についてまとめました。