僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【257話】最新話ネタバレ確定&感想|紡げ、何者でも無く。

こんにちは。2020年1月20日発売の僕のヒーローアカデミア【257話】「紡げ、何者でも無く。」を読みましたのでご紹介します。

256話では、インターン先での成長を披露した雄英高校ヒーロー科1年A組。協力、応用など確実に皆が強くなっている中で、出久も黒鞭を制御できるようになったため、オールマイトから次のステップに進むために1冊のノートが渡されました。

➡「僕のヒーローアカデミア」の最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【257話】最新話ネタバレあらすじ

オールマイトがくれたノート、それは見つからなかった2、3代目を除くワン・フォー・オール歴代継承者の詳細を可能な範囲で纏めたものでした。

第五代継承者「ラリアット」、本名「万縄大悟郎」、個性的「黒鞭」。

爆豪はノートに目を通すと、歴代継承者はこれといって強い個性を持っていなかったことに注目します。オールマイトはその通りだと言います。

オール・フォー・ワンに強い個性が潰されていく中、未来を信じてただワン・フォー・オールを”託された者”たちが歴代継承者だったのです。

選ばれて受け継いだ者たちではなかったのです。

話が進み、出久が次に習得する個性の話になりました。

爆豪のお陰でスムーズに話が進みます。

次の個性はオールマイトの師匠、志村菜奈の個性「浮遊」です。

既に爆破の力で浮くことができる爆豪は出久より先を行っていると叫んで出久を煽ります。

話しも終わって出久と爆豪が寮に戻るとインターン意見交流会 兼 始業一髪気合入魂鍋パだぜ!!!会が始まります。

これまでの学校生活を振り返り、あっという間に怒涛の1年が終わってしまうことにしみじみしながら鍋をつつく生徒たち。

出久はオールマイトと出会い、爆豪とも普通に会話できることに感謝しつつ、恵まれ過ぎていると改めて感じました。

寒い中外にいるオールマイトの元に相澤がきました。オールマイトは相澤に”生きる”ことを決めたと話します。

はてなが浮かぶ相澤をよそに話を続けるオールマイトは、それでも生徒たちに何もしてあげられないことに無力感を感じると言います。

相澤がはそんなオールマイトに、生きているだけで生徒たちの背中を押せていると言いました。そして日が進み3月下旬。

街からヒーローが消えてしまいました。

➡「僕のヒーロアカデミア」25巻を立ち読み

僕のヒーローアカデミア【257話】感想

今回は鍋パだったのでしみじみ兼ほっこり回かと思ったら衝撃のラストでした。次の章は死柄木たち超常解放戦線との戦いになると思うので3学期はなしでいきなり4ヶ月後になってしまうのでしょうか。

次回がとても気になります。出久に負けていると感じていたのか、自分はもう浮けるということで勝ったと叫ぶ爆豪が子供だなーと思ってしまいました。

出久をバカにするときの表情が滅茶苦茶腹立つのでぜひイラストで見てやってください。

僕のヒーローアカデミア【258話】考察予想

3月まで一気に話は進んで街からヒーローが消えたとの衝撃的な事実が伝えられましたが、次回からは何が起こったのかを中心部に語られるでしょう。

4ヶ月後に完成すると言われた死柄木を、完成前に見つけることができたのか、できなかったとしてもどうして死柄木の凶行を止めることができなかったのかが気になります。

ヒーローが消えたというのは個性を奪われたということなのか、殺されたということなのか。戦いの様子が気になります。

➡僕のヒーローアカデミア【258話】へ

まとめ

2020年1月20日発売の僕のヒーローアカデミア【257話】「紡げ、何者でも無く。」のネタバレと258話の考察予想についてまとめました。