僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【257話】ネタバレ考察!死柄木の進捗状況は?

こんにちは。2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【257話】ネタバレ考察予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

256話では、相沢達が学校を出発してからの1年A組の授業の様子が描かれました。それぞれがインターン先で何を重視して強化してきたのかを披露しあいます。

目まぐるしい成長をとげる出久は授業の後、オールマイトから次のステップへ進むためのノートを渡されます。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【257話】最新話ネタバレ「死柄木の進捗状況」

オール・フォー・ワンの力を手にいれるために氏子ドクターから処置を受けている死柄木弔。今まででその処置の様子が描かれた場面では、体中に電撃が走ったような激しい処置でした。

死柄木が力を手にいれるまでは、ホークスがエンデヴァーのところに本を届けに来た時点から4ヶ月だと推定しています。あれだけすごい処置であるから処置にも時間がかかると予想されますが、体を休めるためのダウンタイムも必要でしょう。

時間はあっという間に過ぎていきます。死柄木の処置も今が1番のヤマと呼べるところに来ているのではないでしょうか?

➡僕のヒーローアカデミア【257話】確定へ

僕のヒーローアカデミア【257話】最新話ネタバレ「出久は次のステップへ」

超常解放戦線のことは知らない学生達ですが、プロヒーロー達と共にいずれ死柄木達と戦う日がやってきます。出久は黒鞭を使いこなせるとまではいかないまでも、制御することはできるようになっていました。

オールマイトは出久のためにノートを用意してくれました。そのノートには何が描かれているのでしょうか。

ワン・フォー・オール歴代の継承者たちの特徴も引き継がれているようで、出久にはこれから新たな力が現れるかもしれません。オールマイトはその特徴を可能な範囲で予想し、まとめてくれたのではないかと思っています。

僕のヒーローアカデミア【257話】最新話ネタバレ「壊理の苦しみは嫌な予兆」

前話では角が伸びて苦しんでいる壊理の姿が描かれていました。壊理はもしかしたら超常解放戦線、脳無の件で何かを感じ取っているのかもしれません。

今回の件では、壊理のように不幸になっている人がいるかもしれないのです。壊理が直接行動を起こすことはないでしょうが、壊理の様子から通形たちが何か異変が起きていることに気づくのではないでしょうか?

ヒーローたちは超常解放戦線よりも早く動く必要があるので、壊理がそのきっかけになってくれればいいと思います。

まとめ

2020年1月20日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【257話】ネタバレ考察予想についてまとめました。