僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【258話】最新話ネタバレ確定!全てのヒーローが死柄木を倒すために移動?!

こんにちは。2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【258話】「仲間」を読みましたのでご紹介します。

257話では、次のステップに進むことになった出久は、オールマイトの師匠志村菜奈の個性、浮遊を使えるようにしようと動き出します。

オールマイトが自分の存在意義について悩むも、その存在が皆に勇気を与えると言われ、前を向いた矢先、町からはヒーローが消えてしまうことになりました。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【258話】最新話ネタバレあらすじ

超常解放戦線は4つの部隊を編成しています。人海戦術隊BLACK、遊撃連隊VIOLET、情報部隊CARMINE、支援連隊BROWN。

ホークスは1ヵ月で全ての構成員を把握していました。

敵に気取られぬように調べを続けたホークスが見たものは現行制度、つまりヒーローへの敵意や恨みでした。

超常解放戦線の作戦としては全国の主要都市を一斉に襲撃し、自衛と称して武器をばらまき混沌の世を作り出します。

その上に死柄木が立って、オール・フォー・ワンの再演を果たすことです。ホークスが上手く情報を集めることが出来た背景にはトゥワイスこと分倍河原仁の存在が大きいです。

トラウマを克服したことで、小悪党から警戒の対象へと変わったトゥワイスが気の良い人物であることにホークスは気づいていました。

トゥワイスがホークスがヒーローなのに解放軍の事をよくわかっていると言ってきたとき、ホークスは鳥カゴのヒーローよりも自由に飛べる解放軍に共感していると答えました。

その言葉を素直に受け取ったトゥワイスは早くホークスを死柄木に会わせたいと言った時に、死柄木が現在京都の山で4か月の強化中であることを教えてくれました。

ホークスの事を信頼してこの秘密の情報を教えてくれたトゥワイスは一緒に自由になろうとホークスに言います。

春、小学1年生になる小さな男の子がオールマイトの銅像を見上げて頑張ると誓った時、ヒーローたちは大勢でとある山に向かっていました。

インターンである学生たちも皆遠征とのことで同じ場所に向かいます。

山の麓にはヒーローが、学生たちは後方で住民の避難誘導を行うことになります。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【258話】感想

前回、3月下旬に街からヒーローが消えたと描かれた時、全滅してしまったのだと思っていましたが、恐らく全てのヒーローが死柄木を倒すために移動してしまったという事だったのですね。

春休みがそろそろ終わるという言葉からも、ヒーローが移動をしたのは3月下旬であると読み取れます。

トゥワイスの信頼を得て死柄木が京都にいることを掴んだホークス。ナイスな裏切りです。それでもトゥワイスはホークスに裏切られていることを信じないいい奴なのでしょう。

僕のヒーローアカデミア【259話】考察予想

死柄木がいるのは京都の山の中。今回ヒーローが向かった場所は麓という言葉から山であることが分かります。

京都の山と言っても1つではないので、入念な調査の結果、強化施設がある山を突き止めたのでしょう。本当にまだ学生のヒーローたちも連れて行っています。

出久はヒーローたちがいる山の中で何が起こっているのか気づいているでしょう。任された仕事は避難誘導ですが、死柄木が出久を狙うこともあり、出久は戦いの最前線に出ていくことになると思います。

➡僕のヒーローアカデミア【259話】へ

まとめ

2020年1月27日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【258話】「仲間」のネタバレと259話の考察予想についてまとめました。