僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【259話】最新話ネタバレ確定&感想|静かな始まり

こんにちは。2020年2月3日発売の僕のヒーローアカデミア【259話】「静かな始まり」を読みましたのでご紹介します。

258話では、街からヒーローが消えた3月末。実はヒーローたちは京都に来ていました。学生たちも共に京都にやって来たのは死柄木のいるであろう病院を突き止めたからです。

役割を分担して市民を守るために、今全てのヒーローが立ち上がります。

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメや最新刊を読む

僕のヒーローアカデミア【259話】最新話ネタバレあらすじ

個性なしの医者志賀丸太は蛇腔総合病院の創設者であり理事長です。

塚内はこの志賀こそが死柄木と直接つながっていると確信していました。その理由を塚内は集まってもらったヒーローたちに伝えます。

志賀の病院には関係者以外立ち入り禁止となっている、秘密の部屋がありました。

病院に潜入していた塚内の部下はなんとか秘密の部屋に近付き、そこで証拠となる小型の脳無を発見したのです。

志賀の逮捕自体は難しくないものの、今回の課題としては超常解放戦線に感づかれてはいけないという事が挙げられます。

その課題を胸に、ヒーローたちは戦線の隊長たちの定例会議が開かれる館にやって来たのです。

ワープのできる黒霧は捕獲済み、敵は逃げることが出来ません。陣形を整えたヒーローたちの中に、なぜか上鳴と常闇の姿がありました。

自分がなぜ最前線にいるのか分からないまま、上鳴は後方にいるA組の仲間たちを恋しく思い、叫び声をあげています。

エンデヴァーはホークスの言った通りに備えたと心で思いながら進み始めました。その頃ヒーローのいない街で歩いているのはスライディン・ゴーただ1人。

街の状況に異変を感じたその時、裏切り者としてデステゴロに捕まってしまいます。

その頃、ヒーローたちが動き始めたと連絡を受けたバーニンは、学生たちを先導して住民の避難を始めます。

一方病院に突入したヒーローたち。マンダレイがテレパシーで患者たちに非常事態であることを伝えます。

院内をあと一か月で完成する死柄木の事を考えて陽気に歩いていた志賀を発見したエンデヴァーはすぐに観念するように志賀に言います。

驚く表情を見せる志賀は汗が止まりません。

僕のヒーローアカデミア【259話】感想

氏子ドクターの本名が分かりました。やっぱり1話で出久を診察していた医者でした。チビ脳無の存在も明らかになり、戦線はいろいろ秘策を隠している様でしたが、死柄木完成前にヒーローが突入することができました。

ホークスのおかげでちゃんと裏切り者には情報を隠すことが出来ていたのもよかったです。デステゴロナイスがスライディン・ゴーを捕まえるシーンはなぜかニヤッとしてしまいました。しかし、こんなにうまくいくものなのでしょうか。

僕のヒーローアカデミア【260話】考察予想

なぜ上鳴と常闇がヒーローたちのいる最前線にいたのかガ気になります。一度病院内から光を奪うのでしょうか?そうなれば暗闇で戦える常闇は役に立ちます。

また再度電気が欲しくなったときは上鳴が役に立ちます。すぐに後ろに下げてもらえるようでしたが、本当に可哀想だと思いました。完成まであと1か月の死柄木ですが、どうも雲行きが怪しくなるような気がしています。

未完成のままでもかなりの力を持った状態で戦い始めるのではないでしょうか。

➡僕のヒーローアカデミア【260話】へ

まとめ

2020年2月3日発売の僕のヒーローアカデミア【259話】「静かな始まり」のネタバレ&260話の考察予想についてまとめました。