僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【263話】最新話ネタバレ確定&感想|皆といたいよー!!!

こんにちは。2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【263話】「皆といたいよー!!!」のネタバレと感想&次話考察予想についてご紹介します。

262話では、ミルコの戦闘シーンがメインで描かれました。ハイエンド脳無を前に、左腕を失っても怯まないミルコは次々にハイエンド脳無を撃退。

しかしこうしている間にも志賀は死柄木の完成を早めようとしていました。死柄木完成前に全てを終わらせることは出来るのでしょうか?

➡「僕のヒーローアカデミア」のアニメや最新巻を無料で読む

僕のヒーローアカデミア【263話】最新話ネタバレあらすじ

戦いが始まる直前、そろそろ始まるからと峰田を立たせようとする瀬呂ですが峰田は後衛の自分達はまだ立たなくていいと謎の持論を展開して岩の上に座っています。

耳郎はイヤホンジャックの個性で地面から音を感じ取っていました。

今回これだけヒーローが集まっていることは安心材料ではなく、それほど敵が強大だということを表しています。

前衛のヒーローたちと一緒にいる上鳴のことが心配な耳郎に、八百万がきっと大丈夫と寄り添います。

その頃、ヒーローたちと共に走る上鳴は涙を滲ませながら皆のところにいたいと叫んでいました。

ミッドナイトはそんな上鳴の個性が必要だと言って上鳴を奮い立たせようとしますがうまくいきません。

常闇も同じように上鳴を奮い立たせようとギターを弾く様子から上鳴のすごさに気づいたと言いますが、上鳴は今ギターを誉められても嬉しくないと泣き出します。

常闇が言いたいのはギターのことではありませんでしたが、話す暇なく到着してしまいます。

セメントスの個性で目的の建物のコンクリートをうねらせ入り口を作ります。

焦るMr.スケプティックはすぐに情報連隊以外全ての部隊をを前線に立たせようとします。

普段からは想像もつかないよな恐い顔をしているセメントスが建物の壁を大きくはがして建物の中を露にしたとき、中からは敵が出てきました。

大勢のヒーロー対大勢のヴィランの正面衝突が始まります。先導を切るエッジショットは、1人でも逃がしてしまえば再び脅威が現れると敵の殲滅を指示します。

未だに不安が拭いきれない表情をする上鳴は、ミッドナイトから漠然とした誰かではなく今一番大事なものを守るために動くように伝えます。

上鳴の中に耳郎の顔が浮かびました。ヴィラン側は先陣に個性”増電”の敵がいます。相手の数に関係なく電気で全てを一気に倒すことの出来る個性です。

ここで上鳴が飛び出しました。

常闇が先ほど伝えたかったことがここで明らかになります。ギターを練習するときの上鳴から常闇が気づいたことは、上鳴が心の底から友達のことを想っている男だと言うことです。前に出た上鳴は敵が放った大きな電撃を全て自分の体に吸収しました。

敵の電撃を無力化した上鳴の顔には自信が満ち溢れていました。

その頃、ぼろぼろの建物内で、ホークスの無数の羽がトゥワイスを取り囲んでいました。トゥワイスは未だ状況を飲み込めていません。

僕のヒーローアカデミア【263話】感想

もう上鳴と耳郎は友達ではなくて恋愛感情があるのではないか、と勘ぐってしまいます。どちらにしても大切な存在であることに変わりはありません。

耳郎を守りたいという上鳴の気持ちが、しっかりと戦う力を出してくれたのは本当によかったです。

しかし直前までびびりまくっていた奴が急にカッコつけた時は少しムカついてしまいました。プロヒーローの中に混じってあそこまで大見得切れるのはきっと上鳴がバカだからです。そのバカが世界を救うのかもしれません。

僕のヒーローアカデミア【264話】考察予想

今回のラストでもうホークスがトゥワイスを追い詰めているところが描かれていました。おそらくトゥワイスはまだホークスがヒーローとして自分達を倒そうとしていることに気づいていません。

何かの間違い、ホークスの悪質なジョーク、そう信じたいと思います。根はものすごく良い奴のトゥワイスがホークスと戦うのは難しいです。

ここで道場南口するのがトガヒミコです。トガが危険に晒された場合、トゥワイスは黙っていないでしょう。ここでようやく戦いが始まると思われます。

➡僕のヒーローアカデミア【264話】へ

まとめ

2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【263話】「皆といたいよー!!!」のネタバレと感想&次話考察予想についてご紹介しました。