ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【131話】最新話ネタバレ感想|132話を考察

こんにちは。2019年10月12日(土)発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【第131話】「時に彼らの[x]は柔軟たるものである」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

130話では、偶然の出来事で成幸と文乃は真冬の家にお邪魔することになってしまいました。真冬とこうして一緒に居られることが嬉しく思う文乃でしたが、真冬と成幸の関係が気になりだして、対抗心を抱きます。

しかし結果協力してカレーを作ったのですが、文乃がおいしくできたと言ったそのカレーは激辛で成幸と真冬は倒れてしまいます。

➡「ぼくたちは勉強ができない」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない【131話】最新話ネタバレあらすじ

あすみが成幸に家に入ると、そこには血だまりに頭を沈める関城紗和子と成幸の上に乗り成幸を抑えつけている理珠の姿がありました。

その原因を探るべく数十分前に遡ります。勉強をしていたら理珠が肩が凝ったと言い出しました。

言われてみれば成幸も足の怪我のせいで運動不足だという話になると、理珠はうるかに教えてもらったストレッチを皆にも教え始めます。

体が硬くて前屈もろくに出来ない成幸に、理珠は継続すれば出来るようになると言いますが、そんな理珠自身、全く体が前に倒れていません。

一方で紗和子は体がメチャクチャ柔らかいことが判明します。

2人は紗和子に教えてもらいペアでストレッチをすることになりました。

背筋を伸ばすたびに強調される理珠の大きな胸に、なぜだかドキドキし始める紗和子にさらに刺激的な事件が発生します。

体を反らせたことで胸の大きさに耐えきれなかった理珠のシャツの胸のボタンが2つちぎれて飛んでしまったのです。

2つのボタンは紗和子のおでこに直撃。

しかしそれよりもボタンを失ったことで胸元が開けてしまった理珠を見て紗和子は鼻血を噴き出してしまったのです。

大量の鼻血を出して紗和子がテーブルに倒れ込んだところに、ちょうどあすみがやってきて今に至るのです。

紗和子は鼻血が止まらないので帰宅し、成幸、理珠、あすみの3人で勉強を再開します。

あすみはストレッチをしていたことなど知らないため、汗ばんで赤い顔をして息も荒い成幸と、胸元が妙に開いている理珠に違和感を覚えます。

あすみは2人をからかうような発言をしますが、普通に答える理珠たちからストレッチと言う単語が出てこないので、あすみは2人がえっちな事をしていたのだと勘違いし、表面には出さないものの少しだけ怒ったような態度になります。

そのようにあすみがやきもちを焼いているのではないかと気づいた成幸は、恥ずかしそうに待ってと言うあすみに無理やりストレッチをします。

予想外の行動に目が点なあすみ。勘違いだったのですが、その帰り道理珠に何と勘違いしていたのかを意地わるく聞かれるのでした。

ぼくたちは勉強ができない【131話】の感想

ドキドキして鼻血を出すのは漫画ならではの展開。しかも今回は女同士かつ、大した露出でもないのに紗和子は鼻血を大量に出してしまったので、いつかみんなで温泉に行くことになったりしたら出血多量で死んでしまうのではないでしょうか。

あすみの勘違いも、この漫画で初のちょっと生々しい展開を想像させるものでした。逆にそういうことをしていたら理珠はあんなに堂々と話さないでしょう。

早とちりすぎるあすみもとってもかわいかったです。

ぼくたちは勉強ができない【132話】を考察予想

次回うるかと成幸が早朝デートの話となります。早朝デートとなると早朝ランニングではないかと思っています。成幸は足もちょっと良くなっているのでしょうか。

ぜんぜん動かないのも良くないのでリハビリもかねてゆっくり運動開始というところでしょうか。うるかと2人きりになると、早くくっついてくれー、と思ってしまいます。

2人の関係に何か進展があるのかに注目です。うるかのことが好きな水希なんかも登場してくれると嬉しいです。

➡ぼくたちは勉強ができない【132話】へ

まとめ

ぼくたちは勉強ができない【第131話】「時に彼らの[x]は柔軟たるものである」のネタバレと感想&132話の考察予想についてまとめました。

➡「ぼくたちは勉強ができない」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら