ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【142話】ネタバレあらすじ考察&感想!

こんにちは。2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプ6号より、ぼくたちは勉強ができない【142話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

141話では、2次試験が終わりどきどきの合格発表の日がやって来ました。成幸、文乃、理珠、うるか、あすみは無事に全員希望の大学に合格しました。

真冬に合格の報告にいった帰り道で成幸と一緒に歩くうるかは成幸に遂に告白をしました。

➡「ぼくたちは勉強ができない」の最新刊を立ち読みする(←こちらのサイトの「試し読み」をクリック)

ぼくたちは勉強ができない【142話】最新話ネタバレあらすじ

➡ぼくたちは勉強ができない【142話】確定へ

ぼくたちは勉強ができない【142話】うるかの告白。成幸の返事は・・・

遂に成幸が決死の覚悟で告白をしました。その時のうるかは緊張というよりも、何か清々しい感じに見えました。うるかが外国に行くというのが現実味を帯びてきた時、成幸は寂しいと感じていました。

それは家族がいなくなるような寂しさだったのか、それとも好きな人が離れていく寂しさだったのかが今分かります。成幸は俺も好きだと言うと思います。

遠距離恋愛になってしまいますが、それでもようやく成幸と恋人になれたうるかはとっても嬉しいはずです。

ぼくたちは勉強ができない【142話】文乃、そして理珠の気持ちは・・・

文乃は少し前に成幸への気持ちが恋だと気づきました。かなり気づくのは遅かったですが、自分の中に気持ちが芽生えていたのはかなり前からです。今気持ちを伝えようとするでしょう。

成幸と一緒に合格の報告に言っているので、告白のチャンスを狙っていると思いますがそこでうるかの告白を目撃してしまいます。そうすると文乃は気持ちを伝えることを諦める気がします。理珠もクリスマスで成幸を好きだと確信したはず。

文乃からうるかのことを聞くかもしれませんが、理珠はそれでも成幸に気持ちを伝えるでしょう。結果よりも大事なものがあると気づいたはずです。後悔しない道を選ぶと思います。

ぼくたちは勉強ができない【142話】話はクライマックスへ

この漫画のテーマであった大学受験が終わりを告げました。卒業旅行なんて話も出ていましたがそこは描かれるかどうかわかりません。

このままそれぞれの告白、卒業式を終えて一気に時間が4年進むと思います。そして就職後、成幸とうるかが結婚してこの物語は終わりを告げると思います。

結婚式でうるかが大変貌を遂げていると思うので、美しい花嫁姿を見るのを楽しみにしています。

ぼくたちは勉強ができない【142話】

発売後に追記します。

まとめ

2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプ6号より、ぼくたちは勉強ができない【142話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。