ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【159話】最新話ネタバレ確定&感想!理珠の父に挨拶へ

こんにちは。2020年5月25日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【159話】『[x]=機械仕掛けの親指姫編⑨』を読みました。

158話では、関城が実家に帰ったため理珠と2人っきりになった成幸は理珠の事を強く意識してしまう様になってしまいます。そんな時、たまたま行くことになった高校で遂に成幸は理珠に気持ちを伝えました。

このゲームは成幸の負け、しかし理珠は成幸に対する気持ちをジンクスという一言で片づけたくはないため理珠もゲームに負けたことになったのです。

それでは、この記事では、ぼくたちは勉強ができない【159話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ぼくたちは勉強ができない【159話】最新話ネタバレあらすじ

理珠の父に時間を取ってもらい、成幸は理珠と共に改まって理珠の父と顔を合わせます。

ただならぬ緊張感が漂っています。

時間を取ってくれたことに感謝する成幸を制止て、理珠の父はさっさと本題に入ろうとします。

するとあっさり理珠が交際の事を伝えます。

成幸の挨拶

すぐにフォローするように真剣な交際であることをつけ足す成幸に、かなりの気迫を放っていた理珠の父はただ事実を受け入れた返事をします。

理珠の父が驚かないことに成幸と理珠の方が驚いていると、成幸の父は高校の時から理珠が成幸の事ばかり見ていたことに気付いていたから驚きはしないと言いました。

理珠は顔を真っ赤にし、理珠を見て成幸も顔を赤くします。

理珠の父はここで初めて「成幸」と呼び捨てにしました。

父が死に、1人で思い責任を背負ってきた成幸に対して理珠の父はもう他人ではなくなるから頼って来いと言いました。

その代わり理珠を泣かせたら許さないという理珠の父をまっすぐ見て、成幸は理珠を必ず幸せにすると誓いました。

いつの間にか成幸にくっついていたみさおは成幸の挨拶がかっこよかったと言います。

みさお

どうしてみさおがいるのかと成幸が驚いていると、電柱の陰からみさおを怒る関城の声が聞こえてきました。

2人は物陰からこっそり覗くつもりでしたが、我慢ならずみさおは飛び出してしまったのです。

挨拶を褒められた理珠も盛り上がっていますが、どうして2人にみさおが見えているのかを知るには少し時を遡ります。

ボードゲーム即売会の後から関城はみさおのことが見えるようになっていました。

みさおの存在をわかった上で一緒に実家へと帰っていったのです。

これは成幸と理珠を2人きりにするためでもありましたが、関城はみさおがいてくれたことでとても助かりました。

関城が両親に本当の気持ちを伝えている時、みさおは関城をずっと応援して緊張をほぐしてくれていました。

そのおかげか、関城は少しだけ昔の様に笑う両親の姿を見ることが出来たのです。

それはよかったと成幸と関城が話した後、問題はこのことを理珠にも伝えるかどうかの話になりました。

理珠

伝えるわけにはいかない、と2人が決めたその時次の新作ゲームの話題を持った理珠が2人の傍に立っていました。

焦った2人でしたが、早速3人でゲームをやろうと関城がみさおの存在を誤魔化した時、理珠の方からもう1人この場にいるのだろうと言ってきました。

成幸を見ていたらもう1人の存在に気付いたと話す理珠の体はかすかに震えています。

しかし関城を助ける時に近くにいてくれたことまで気付いている理珠は、みさおも大切な友達だと言いました。

友達ならおばけでもいい、一緒にゲームをしようと言ってくれる理珠の言葉を聞き、みさおの記憶が甦ります。

1人ぼっちだったみさおは本当の自分の気持ちを、大切な人形のフランソワにだけは打ち明けていました。

一番欲しいのは「一緒に笑ってくれる友達」。

みさおが欲しかったもの

ようやく欲しかったものが手に入ったみさおは嬉しくて泣きだしてしまいます。こうしてみさおの姿は関城や理珠にも見えるようになったのです。

またもや気を利かせたい関城は両親とのお出かけにみさおもついて来るのだとみさおを掴んで走って言ってしまいました。

取り残された成幸と理珠は2人きりになったので手を繋いで歩きました。目を合わせることが出来ない2人。

成幸はドキドキしていました。

ドキドキ

成幸をドキドキさせたくて頑張って来た理珠は、全然ドキドキしてくれなかった成幸が今はドキドキしていることが意外です。

理珠からはドキドキしない男だと思われていた成幸は理珠の行動をゲームだと思っていたからだと答えました、すると理珠今から久々にゲームをしようと言い出します。

カードゲーム

公園に入って2人が始めたのは初めて一緒にしたカードゲームです。

懐かしんでいる成幸に、理珠は勝ったらご褒美をくれと言いました。

負ける気が無い成幸は簡単にその条件を受け入れますがまさかの結果は理珠の勝利です。

負けた成幸がご褒美の内容を聞くと、理珠はドキドキした時はキスをして教えて欲しいと言いました。

キス

赤くなる成幸はまたキスなどは軽々しくするものではないと言いますが、理珠は「たまに」は嫌だと悲しそうに言いました。

その瞬間、成幸は理珠を引き寄せて強引にキスをしました。

そこから成幸のキスはとまりません。成幸のスイッチが入ってしまったところで、場面は家族と共にゲームセンターに来ていた関城に変わります。

後ろで上がる花火を見て文化祭のジンクスは本当だったのかもと思う関城は、そんなことはないと自分の考えを否定すると、みさおが恋のキューピッドなのかもと言いました。

しかし後ろにいたはずのみさおはおらず、関城の肩にフランソワだけが落ちてきました。

友達を手に入れて寂しくなくなったみさおは、大好きな皆の幸せを願い消えてしまいました。

Route:2/5 [x]=機械仕掛けの親指姫編 完

➡「ぼくたちは勉強ができない」の最新刊を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない【159話】感想

交際の段階からしっかりと理珠の父に挨拶に行く成幸は律儀な男です。しかも付き合ってすぐだという事にまた驚きでした。今回の成幸はうるかの時よりも強引でした。

うるかの時はもう1度キスしたいと言われても断ったのに、ちょっと理珠に嫉妬です。

また今回の話では既にみさおの姿が見えるようになり、みさおの願いも叶いました。

せっかく仲良くなれたのにみさおが消えてしまったのは残念でしたが、とてもいい終わり方だったと思います。

ぼくたちは勉強ができない2021年3月4日にぼくたちは勉強ができない【最終刊21巻】が発売されました。21巻をいますぐ無料で読むならU-NEXTがオススメです。無料トライアル

ぼくたちは勉強ができない【160話】考察予想

次回からは3番目のストーリー文乃編がスタートです。うるかの話も理珠の話もそれぞれ9話で構成されていたので文乃の話もきっと9話で終わるでしょう。

文乃のテーマとしては「友情」が上げられます。自分と似た境遇であると文乃に寄り添ってくれた成幸の事を好きだと気づいた文乃は、うるかと理珠との友情は壊れてしまう事を怖がり自分の気持ちを隠します。

うるかのストーリーでは皆の気持ちが分かって友情はこんなことでは壊れないと分かりましたが違った世界ではどのように友情問題を解決するのかが見どころになるでしょう。

まとめ

2020年5月25日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【159話】『[x]=機械仕掛けの親指姫編⑨』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

読んでいただきありがとうございます!

➡「ぼくたちは勉強ができない」の最新刊を無料で読む