BUNGO-ブンゴ-

BUNGO-ブンゴ-【212話】最新話ネタバレあらすじ感想|選ばれし者

こんにちは。2019年12月12日発売の週刊ヤングジャンプより、BUNGO-ブンゴ-【第212話】「選ばれし者」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

211話では、静央と富士ケ丘の試合。7回裏に再逆転した静央は、7回裏の守りに入っていました。

先頭バッターの富士ケ丘エース、碓井を完膚なきまでに打ちのめした文吾。碓井は圧倒的な文吾の投球に、涙を流してベンチに下がります。続いて打席に向かうのは・・・天才河村・・・。

➡「BUNGO-ブンゴ-」の最新刊を無料で読む

BUNGO-ブンゴ-【212話】最新話ネタバレあらすじ

最終回、7回裏、富士ケ丘の攻撃で打席に向かうのは河村です。
その状況は、誰がどう見ても、野球を知らない人、スポーツを知らない人が見ても分かる状況・・・。

この2人によって、試合の勝負が決するとき・・・。

マウンドに立つ文吾と打席に入る河村は、今大会において究極の盾と矛です。

なぜなら、今大会において1度も打たれたことのない投手と、1度も打ちとられたことのない打者の戦い・・・。

文吾の成績は、8回を投げて失点0、被安打0、奪三振15の防御率0.00です。

対する河村は、13打席13安打。本塁打9本の打点が17点で、当然打率は1.000。

共に完全記録同士の対決に、会場中が息をのみました。

文吾との勝負を、待ち焦がれていた河村。

ここまで辿り着くのに、長い時間がかかったと話します。

そんな道のりを、ゲームに例える河村。

河村にとって、文吾は倒すべきラスボスなのです。

この試合の先発は、背番号1番の鮎川瑛大でした。

試合前、瑛太をメッタ打ちにして文吾を引き釣り出す・・・河村はそう話していたのです。

そのために、第1打席では片手本塁打を披露した河村。

それは、前の試合で野田が見せたバッティングの上位互換だと河村は宣言するのでした。

野田を評価している文吾に、自分の方が野田より上だと見せつけたかったと続けます。

文吾との戦いを前に、河村は笑いを抑えることが出来ません・・・。

その時・・・文吾がふりかぶったのです。

まだ審判の合図もない・・・河村も構えていない・・・。

そんな中、文吾はインコースにストレートを投げ込みました。

審判からは、当然ノーカウントの声が上がります。

文吾は河村を威嚇し、早く構えろと言い放つのでした。

BUNGO-ブンゴ-【212話】感想

河村と文吾の戦いの前置きの1話でした。今回で、さらに河村のうざさが増しましたね・・・。完全にヒールになっています。実力は相当だと思いますが、この性格が碓井も嫌いなのでしょう。

河村の打率10割は度々出てきていたので分かっていましたが、冷静考えると文吾も無失点に加えて、被安打0のパーフェクトピッチングをしていたんですね!

どちらが最強で完璧な選手なのか・・・。前回の試合さえも、この河村戦の伏線だったとは思いませんでした!

BUNGO-ブンゴ-【213話】の考察予想

次回は、河村と文吾の戦いが始まります。結果は、文吾の勝利で終わるでしょう!それは間違いないと思うのですが、1話ではこの戦いは終わらないと思います。最低でも3話ぐらいはかかるのではないでしょうか・・・。

1度はピンチに陥った文吾ですが・・・ギアを入れなおして河村を三振に抑える・・・そんな展開を予想します。

試合の結果は、静央の勝利!試合後の河村のインタビューでは、瑛太の話の後に、自分が文吾に負けた敗因が語られると思います。

まとめ

BUNGO-ブンゴ-【第212話】「選ばれし者」のネタバレと感想&213話の考察予想についてまとめました。

➡「BUNGO-ブンゴ-」の最新刊を無料で読む