女神のカフェテラス

女神のカフェテラス58話ネタバレ!流星が隼を温泉旅行に誘う!?

2022年5月18日発売の週刊少年マガジン25号掲載の「女神のカフェテラス」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

莉々歌が新しいお店を出すことになり、居候していた旧ファミリーの店員5人がファミリアを出ていくことになりました。

しかしそのお店がファミリアと客を取り合わないか、ファミリア一同は心配していました。

女神のカフェテラス57話ネタバレはこちら

女神のカフェテラス58話ネタバレ

莉々歌たちが旧ファミリーの店を借りて、新しく始めた店の名前は「千代田食堂」に決まり、ファミリア一同はそのプレオープンに呼ばれました。

莉々歌がレストランではなく定食屋にした理由は、ファミリアと客が被らないうえ、魚屋や野菜直売所のおばあちゃんたちとも仲良くなったため、地元の食材を使ったお店の方が喜んでもらえると思ったからなのだとか。

そんな中、白菊は萌美の料理を食べて、プロレベルの腕前だと驚きます。

実は萌美は「宗谷花壇」という江戸時代から続く日本料理の名店の娘らしく、子供の頃からそこで手伝っていたようです。

しかし普段はキャピキャピしている萌美ですが、和帽子を被ると人が変わったように厳しくなります。

そのため、萌美は碧流が出汁の取り方をミスしたことについて説教し始めました。

それでも紅葉は厳しくても、ちゃんと教えてくれる人がいた方が店のためにもなるだろうと話します。

そしてティーナは萌美に和帽子を脱がせたり被せたりして、コロコロ人格が変わる彼女で遊びました。

 

その後、千代田食堂を出たファミリア一同。

千代田食堂の店員たちと隼たちが挨拶を交わす中、莉々歌が流星を呼び、こっそり宿泊招待券のペアチケットを渡しました。

それは商店街のくじ引きで当たったらしく、莉々歌は流星にこれで隼と2人で温泉旅行に行ってくればいいと言います。

そんな彼女の言葉にうろたえる流星。

莉々歌は流星が隼を好きなことを察していたらしく、協力するので頑張ってほしいと応援します。

流星はそんなことしたらお店の空気が悪くなると心配しますが、莉々歌は何中学生みたいなこと言ってるのかと呆れ、欲しいものは力ずくで奪いに行くのが芸能界の掟だと話します。

それでも2人で旅行なんて隼がOKしてくれると思えないと弱気になる流星に対し、莉々歌はそんなこと言ってたら誰かにとられてしまう、先輩は可愛いんだから強気で行けば大丈夫だと励ましました。

 

その後、家に戻った流星は居間で隼と2人きりになりました。

他の面々はそれぞれ外に出かけたようで、隼を誘う絶好のチャンスです。

そして流星は最近仕事ばかりだったので、たまにはのんびり温泉でも行きたいと話を切り出します。

そんな彼女の言葉に同意するも、そんな金はないという隼。

そこで流星は、莉々歌が好きな人と一緒に行ってくださいと言って、温泉旅行のペアチケットをくれたことを話しました。

それを聞いた隼は少し動揺しながら、お茶を飲みます。

すると流星は隼に近寄りながら、2人で行こうと誘いました。

隼は少しドキッとしながらも「さすがに2人ではな・・・」と拒みます。

それでも流星は隼に甘えたような顔で接近し、彼のことを誘い続けました。

その時、突然桜花と秋水が居間に入ってきて、隼と流星は慌てます。

すると桜花が、商店街のくじ引きで温泉旅行のペアチケットが当たったのだと嬉しそうに報告してきました。

さらに白菊と紅葉も帰ってきて、温泉旅行のペアチケットが当たったと言います。

つまり6人分のチケットが手に入ったため、全員で温泉旅行に行けることになりました。

しかし流星は隼と2人で温泉旅行に行けなくなってイラ立ち、ホッとしている隼を見て腹を立てるのでした。

女神のカフェテラス58話感想

結局全員で温泉旅行に行くことになりましたね。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の女神のカフェテラス59話が掲載される週刊少年マガジン26号は5月25日に発売されます。

女神のカフェテラス59話ネタバレはこちら