チェンソーマン

チェンソーマン【53話】ネタバレあらすじ考察&感想!新たな敵へ

こんにちは。2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプ6号より、チェンソーマン【53話】のネタバレと考察・展開予想についてまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

52話では、デンジの勝手な判断で殺されることも捕まえられることもなく逃げ延びたレゼですが、デンジの言葉を思い出してバイトをしていた喫茶店に戻ってきてしまいました。

しかしその結果、デンジに会う前にマキマ、天使の悪魔により殺されてしまうのでした。

➡「チェンソーマン」最新刊を立ち読み(←こちらのサイトから「試し読み」をクリック!)

チェンソーマン【53話】最新話ネタバレあらすじ

➡チェンソーマン【53話】の確定はこちら

チェンソーマン【53話】おかえりパワー

血の飲み過ぎで角が伸び、力がかなり強化されていたパワーは血を抜くためにマキマに連れていかれていました。しかし今回レゼの一件が終わったこのタイミングで帰ってきました。

パワーがいない間、デンジのバディはビームになっていましたがこれでビームとのバディは解消です。

チェンソー大好きビームにとっては悲しい知らせですが、元々のバディに戻るのならば仕方ないですね。バディ解消でもビームはデンジの近くにはいると思います。

チェンソーマン【53話】指導再開

岸辺の指導を受けていたデンジとパワーは、岸辺に傷をつけることが出来た時に、毎日から週一になると言われていました。

しかし襲撃犯のアジトに乗り込んだ後にパワーは連れていかれていたので中断されていたのでしょう。デンジはその間にチェーンの使い方を学んだりと成長しました。

目標は岸辺を殺すことでしたが、今のデンジならばいいところまで行くのではないかと思います。パワーも血抜きのために暴れさせられていたと思うので、少しは強くなってきているでしょう。

チェンソーマン【53話】新たな敵へ

レゼも結局銃の悪魔の差し金でした。台風の悪魔も銃の悪魔の指示でデンジを狙っていたので、銃の悪魔は沢山の悪魔をデンジを捕まえるために送っているのでしょう。

大きな組織があるのだと思います。マキマは何か知っていると思いますが、公安の立場を強くすることも考えているのでなにも話してはくれないでしょう。

新しい敵が来て初めて対応をしてくれると思います。襲撃、ハニートラップと来ると、今度は身内に敵がいるような気がします。

まとめ

2020年1月6日発売の週刊少年ジャンプ6号より、チェンソーマン【53話】のネタバレと考察・展開予想についてまとめました。