チェンソーマン

チェンソーマン【56話】最新話ネタバレ確定&感想|デンジを殺すために

こんにちは。2020年2月3日発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【56話】「呪いと初めて」を読みましたのでご紹介します。

55話では、デンジを守るためにたくさんのデビルハンターが動いてくれています。わざわざ地方から足を運んでくれている中には以前来ていた黒瀬と天童など京都のデビルハンターもいます。

しかし、デンジ達の元に来る前に京都組はアメリカからやって来た刺客に殺されてしまいます。そしてアメリカの視覚は黒瀬になりすましてデンジの元を目指しています。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む

チェンソーマン【56話】最新話ネタバレあらすじ

ハンバーガーショップにて食事中のデンジとパワーはしっかりと日下部に監視されています。

中に挟まれている野菜が嫌でデンジに食べてもらおうとするパワーですが、日下部や早川に好き嫌いするなと注意されます。

指図されることが気に入らないパワーですが、デンジによって口に野菜を押し込まれてしまいます。

そんな2人のテーブルの横を1人の女性がトイレに行く時と帰って来るときに通ります。野菜の苦痛に耐え切れなくなったパワーがお店を飛び出したところで、テーブルの横を通りすぎたのが雪国から来たデビルハンターであることが判明します。

師匠である女性が呪いの悪魔の力である釘をデンジの横を通る際に刺していたのです。4回刺せば命を奪える釘は既に3回刺してあります。

師匠は、4回目を弟子であるトーリカに任せると言います。

無事に刺すことに成功すれば、自分が契約している悪魔をトーリカに紹介するという師匠は悪魔との契約で指の感覚をいくつか奪われてしまっていました。

力の入らない指でもハンバーガーを持ち口に運ぶ師匠は、初めて食べるおいしさに感激しています。

一方で、バディを組んでいるコベニと暴力の魔人は悪魔を狩っていました。大量の目玉が葡萄の様に房になっている悪魔を狩り、報告したら休憩しようと話しています。

報告が済むと、暴力の魔人はコベニにソフトクリームを奢っていました。

いつも何かを奢っている暴力の魔人は自分はマスクをつけていて食べることが出来ないから、コベニを見ているだけで満足なようです。

遠慮なくソフトクリームをごちそうになるコベニは人生2度目のソフトクリームにご満悦。コベニには暴力の魔人は暴力的には見えません。

そのことを指摘すると、暴力の魔人は自分には人間の脳みそが多く残っているという話を始めます。

人間の時の記憶が残っている暴力の魔人は死んだときの事だけは覚えていないようです。

ラブ&ピースを望む暴力の魔人にコベニも同意したところで、ボロボロの車が2人の前に止まって中から傷だらけの黒瀬が降りてきました。

すごい剣幕で襲われたことを本部に知らせてくれという黒瀬を見てコベニたちは電話を探し始めます。偽黒瀬の作戦通りです。

家に帰って来たデンジとパワーは外をかなり歩き回ったようで疲れていました。文句を言うも、これが済めば江の島が待っているデンジは大人しくします。

しかし何もご褒美が無いパワーは納得できません。何が欲しいか聞かれたパワーは悪そうな笑顔で人が死ぬまで血を吸いたいと答えます。

早川が、今回の件が終わればデンジの血を吸ってもいいと言うと、パワーは大喜びでデンジの上に乗りあげます。

チェンソーマン【56話】感想

同時進行で各国のデビルハンターがデンジを殺すために動いています。コベニと暴力の魔人もうまく騙されてしまってデンジに危機が迫りますが、黒瀬、天童、スバルの内誰かは生きているような気がします。

コベニと暴力の魔人のやり取りはとても癒されました。サムライソードの一件でも明らかにならなかった暴力の魔人の戦い方が気になります。

マスクを獲ると手が付けられなくなるほどの強さは、コベニを守るために使ってくれたりするのでしょうか。

チェンソーマン【57話】考察予想

釘を3回刺されてあと1回で死んでしまうデンジ。しかし、その1回が男に任されていることがネックになると思います。デンジは男に対しては警戒心が強いからです。

それに、あと1回で死ぬ以外は特に体に影響が出ないのであれば、デンジにとっては関係ないでしょう。

今脅威なのは偽黒瀬です。マキマが既に黒瀬たちの一件に気付いているような気がするので、何人かの資格はデンジにたどり着く前にマキマの力で殺されてしまうような気がします。

➡チェンソーマン【57話】へ

まとめ

2020年2月3日発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【56話】「呪いと初めて」のネタバレ&57話の考察予想についてご紹介しました。

➡「チェンソーマン」の最新刊を無料で読む