ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【195話】最新話ネタバレあらすじ確定&感想

こんにちは。2019年12月25日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【195話】のネタバレ考察・展開予想をまとめました。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

194話では、夏の予選で法兼高校と対戦した青道高校は、今大会初当番の法兼高校のエースと交替した投手から、2回までに8点もの大量得点を奪います。

投げてはエースとなった沢村が、好調に3回まで無得点に抑えます。 しかし4回にヒットを許し、ランナー2塁の展開です。

➡「ダイヤのA」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

ダイヤのAactⅡ【195話】最新話ネタバレあらすじ

12/25発売の週刊少年マガジン4号・5号までよろしければお楽しみいただければと思います。

ダイヤのAactⅡ【195話】御幸のリード!

8点のリードがありますが、沢村は1点も与えたくないので、コーナーを狙ってボールを散らします。

しかし相手打線は狙いを定めていて、ボール球に手を出してくれないので、フォアボールで満塁になるのです。

満塁になれば勝負するしかありませんので、ボールが甘くなったところを、強打の法兼高校が長打を打って2点を奪います。

このままでは大量リードをしていても、いつ追い付かれるか分からない状況です。そこでキャッチャーの御幸は、空振りを奪うためにスプリットを要求します。このリードが功を奏して、2点だけの失点でこの回を乗り切るのだと思います。

ダイヤのAactⅡ【195話】コールドで締めくくる?

ランナーを許しましたが、沢村にはこれまでに御幸と鍛え上げてきた七色の変化とも言えるナンバーズがあります。

加えてコントロールや球速も安定しているので、強力打線の法兼高校ですが、得点に至るような連打を浴びせることはできませんでした。

また次の回になると、法兼高校のバッテリーの投球パターンを読めている青道高校は再び連打を浴びせます。

結局は沢村も以降に得点を許しませんし、打線が爆発した青道高校が5回コールドで試合を締めくくるのではないでしょうか。

ダイヤのAactⅡ【195話】攻めピッチングが重要!

ランナーを背負った状態でも、沢村のコントロールは冴えていて、4回は相手の思うように得点を許しませんでした。

しかし法兼高校の持ち味である強いスイングは、徐々に青道高校のバッテリーにプレッシャーを与えます。

そして打順が3巡目に入ったところで、青道高校のバッテリーは攻めのピッチングが出来なくなるのです。

攻めのピッチングが出来ないと球威が落ちますので、強いスイングをされると会心の当たりではなくてもヒットが続きます。

そしてランナーが満塁になったところで、バッテリーは再び攻めのピッチングを開始するのです。

ダイヤのAactⅡ【195話】の感想

発売後に記載します。

まとめ

ダイヤのAactⅡ【195話】のネタバレ考察・展開予想をまとめました。

➡「ダイヤのA」のアニメ動画や最新刊を無料で読む