ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【211話】ネタバレ考察!降谷が完封?創成の逆襲か?

こんにちは。2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【211話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(211話の確定記事はこちら

210話では、夏の西東京大会。青道は創成との試合を繰り広げています。青道の1点リードで迎えた6回表、創成の攻撃。先頭バッターがツーベースで出塁し、4番の奈良も内野安打を放ちます。

ノーアウトでランナーは一・三塁のチャンスを作り、エースの柳楽がバッターボックスへと向かうのでした。

ダイヤのAactⅡ【211話】最新話ネタバレ「完封勝利」

ノーアウトで一・三塁のピンチを迎えた青道高校。この試合最大のピンチに挑むマウンドの降谷が、創成打線を抑えきると予想します。

4番の奈良には内野安打での出塁を許しましたが、5番のエース柳楽を三振に取り、その後もダブルプレーで切り抜けるのではないでしょうか。

ここがこの試合の分岐点になると思うので、ここを抑えてれば勝利は近づきます。

打線も最後まで沈黙していることはないと思うので、2~3点は取るのではないでしょうか。

どちらにせよ、降谷が完封すると予想します

ダイヤのAactⅡ【211話】最新話ネタバレ「逆襲」

さきほどは、降谷の完封を予想しましたが、次は創成がチャンスを活かすと予想します。前回の210話では、創成の奈良と柳楽が中心に描かれていました。

強豪校ではない創成は、青道のような強豪校が勝手欲しい、甲子園に行って欲しいといった周囲の期待への反骨心を持っています。

確かに、降谷のような155kmを投げるピッチャーを甲子園で見たいと思う人は多いでしょう!

しかし、皆同じ甲子園を目指す高校球児。そこに他人の評価は関係ないのです。

それは青道の選手も同じ思いだと思います。

実際にそういう周囲の評価に共感する球児もいると思うので、創成の逆襲も見てみたいですね!

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

ダイヤのAactⅡ【211話】最新話ネタバレ「破れる均衡」

次も、創成が一矢報いると予想します。ただ、逆転とはならず、柳楽のヒットで同点止まりになるのではないでしょうか。

1-1の同点となり、変わらない投手戦が続き・・・。

試合は延長戦派と突入!

青道が裏の攻撃を取っているので、サヨナラの展開になります。問題は、ここで誰が打つかということですね。

4番の御幸だとありきたりですし、小湊や倉持もなさそうです。

もしかすると、降谷が自分のバットで試合を決めて完全復活するかもしれません。それを見た栄純は確実に燃えますし、次の市大三高戦へのモチベーションになりそうです!

まとめ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【211話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

➡「ダイヤのAactⅡ」のアニメや最新版を無料で読む