ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【212話】最新話ネタバレ感想|「勝つ準備」予想外の展開

こんにちは。2020年5月20日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【212話】「勝つ準備」を読みました。

211話では、ノーアウトランナー1・3塁。6回表に、青道は危機を迎えています。創成のバッターはエースの柳楽。

4球続けてスプリットを投げた降谷の球を、柳楽はバットに当てました。ボールはバウンドし、ピッチャーの方へと飛んでいきます・・・。

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【212話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダイヤのAactⅡ【212話】最新話ネタバレあらすじ

柳楽の打った打球はワンバウンドし、降谷の左に飛びます。

捕球しようと手を伸ばす降谷。

しかし・・・ボールは後ろに抜けました。

声を上げる創成の選手たち。

3塁ランナーも声を上げ、ホームに走ります。

打った柳楽は手を上げて1塁に走り始めました。

その打球を見て青道の中で声を上げたのはショートの倉持。

合図をセカンドの春市に送ります。合図を受けた春市は・・・ボールをグラブで弾き、倉持にトスしたのです。

そのままセカンドベースを踏み、ボールをファーストに送る倉持。

結果、4-6-3のダブルプレー!!

創成のランナーがホームに帰り、ガッツポーズをしていますが・・・。

観客や選手たちは、静まりかえって今のダブルプレーを見ています。

一瞬の沈黙の後・・・完成に沸くスタンド。

その歓声は同店に追いついた創成へのものではなく、とんでもないプレーを見せた青道の二遊間に送られたものでした。

兄に、日本一の二遊間になると宣言していた春市。

今、それにふさわしいプレーを見せたのです。

同店にも関わらず、完全に雰囲気も流れも青道に傾いたダブルプレー。

後続を三振に取った降谷は、堂々とベンチに引き上げていきます。

同点に追いつかれ、迎える6回裏の攻撃。

青道の先頭バッターは俊足の倉持です。柳楽の球を捉え、1塁方向に飛ばす倉持。

ファーストの七月がボールを弾いた隙に、1塁を陥れます。

同店になろうが逆転されようが自分たちのやることは変わらない・・・。

青道の選手は、それを理解しています。

それは、常に勝つ準備をすること・・・。

1塁上に倉持を置き、春市が打席に入りました。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

ダイヤのAactⅡ【212話】感想

この試合初めてピンチを迎えた青道高校。どうなるかと思いましたが、予想外の展開となりました。

これを予想できた人はいないんじゃないでしょうか!最高のプレーです!

あまりないことかもしれませんが、点を取られた方が勢いに乗るということが起きています。

点を取った創成以上に、観衆が注目したのは倉持&春市の二遊間連係プレー。

素晴らしいプレーで最少失点に防いだ青道が、その力を見せつけています。完全に人だと思っていた柳楽は、マウンド上でも気持ちを引きずってっているのではないでしょうか!?

ダイヤのAactⅡ【213話】考察予想

次回、6回裏の攻撃で、青道の逆修が始めると思います。創成の流れを断ち切るプレーを見せた青道の二遊間。

その1人である倉持が俊足を活かして出塁し、続くのはセカンドの春市です。

勢いを作った2人の攻撃が、ただで終わるはずがありません。倉持が脚でかき乱し、ノーアウト2塁のチャンスを作ると思います。

そこを春市が1打でホームに帰す!理想的な展開になるのではないでしょうか。

勢いに乗った青道は、この回にさらなる追加点を取る可能性もあります。

➡ダイヤのAactⅡ【213話】へ

まとめ

2020年5月20日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【212話】「勝つ準備」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「ダイヤのAactⅡ」のアニメや最新刊を無料で読む