ダイヤのA actⅡ

ダイヤのA【actⅡ213話】最新話ネタバレ感想|ヴィジョン

こんにちは。2020年5月27日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【213話】「ヴィジョン」を読みました。

212話では、創成高校と戦う青道高校。先生をしますが、6回の表に追いつかれてしまいます。

ただ、超ファインプレーを見せ、得点以上のインパクトを残した倉持&湊谷コンビ。6回裏にはその倉持が出塁し、ノーアウトランナー1塁で湊谷が打席に入りました。

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【213話】「ヴィジョン」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダイヤのA【actⅡ213話】最新話ネタバレあらすじ

6回裏、青道の攻撃。

ノーアウトランナー1塁で、湊谷がバットを構えています。創成のエース柳楽がボールを投げると・・・。

1塁の倉持はスチール!

さらに小湊は鋭い当たりを1・2塁間に放ちました。必死に追うセカンドの奈良ですが、ボールはライト前に・・・。

スタートを切っていた倉持は、悠々と3塁を陥れます。

電光石火の攻撃でノーアウトランナー1・2塁。

6回表の創成の攻撃と同じ状況ができあがりました。

その時、1点覚悟でゲッツーシフトをしいた青道に対し、創成は内野を前進させます。

つまり、ホームでランナーを刺す指示を出したのです。

監督の指示通り、バックホーム体勢で構える選手たち。

打席に入る3番白州は、アウトサイドに的を絞っていました。

3塁方向にゴロを打たせたいバッテリーは、アウトコースでくる・・・。

そう考え待っている白州は・・・初球のアウトコースを振り抜きました。

アウトコースの球を強引に2人に放った白州。

セカンドの奈良は捕球し、ホームへとボールを送ります。

しかし、奈良がボールを投げた瞬間、すでに倉持はホームに到達していたのです!

バットにボールが当たった瞬間、ゴロだと判断してスタートしていた倉持。

1-2と青道が勝ち越し、なおもノーアウトランナー1・2塁の場面。

打席には、4番の御幸が向かいます。

厳しいコースを突こうとする柳楽の初球は、アウトコースに外れてボール。

アウトコースだけでは御幸は討ち取れないと考える柳楽は、インコースに投げることを決意します。

しかし・・・インコースに投げる意識をした瞬間、御幸に捕らえられるイメージが頭の中に沸いてきたのです。

柳楽の心臓は、大きく音を上げています。

➡「ダイヤのAactⅡ」のアニメや最新刊を無料で読む

ダイヤのA【actⅡ213話】感想

6回表で創成が作った大チャンス。ノーアウトランナー1・3塁で、打席には5番の柳楽が入りました。その場面を1点に抑えた青道。

6回裏となり、今度は青道がノーアウトランナー1・3塁を作ります。同じ場面にも関わらず、監督が選んだ守備シフトは異なっていました。

1点リードしていた青道との対応が違うのは当然ですが、これがこの回の得点を左右する可能性が出てきました。

おそらく白州の打球では、4-6-3のダブルプレーは可能だったはずです。御幸の結果によって、青道に流れが大きく傾きそうですね。

ダイヤのA【actⅡ214話】考察予想

結果論にはなりますが、創始は1点覚悟でダブルプレーに切り替えるべきでしたね!さらにノーアウトランナー1・2塁で打席には4番の御幸。創成大ピンチ、青道大チャンスです!

次回、御幸のバットが降谷を援護することになるのではないでしょうか!ここまで好調の柳楽ですが、御幸に打たれるイメージが浮かんでしまいました。

こういった状況の時は、良い結果になる可能性は低くなりますね・・・。ホームランまではいかなくても、走者一掃のタイムリーを放つ可能性は高いと思います。

➡ダイヤのAactⅡ【214話】へ

まとめ

2020年5月27日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【213話】「ヴィジョン」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「ダイヤのAactⅡ」のアニメや最新刊を無料で読む