男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【163/164話】最新話ネタバレ感想!

こんにちは。2019年12月25日発売の週刊少年マガジンより、男子高校生を養いたいお姉さんの話【第163話】「実神の憂鬱」【第164話】「Let it go」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

162話では、実が望むのはしおりが思っている好き以上のものだと涼介から言われたしおりは走って部屋から出ていきました。

急いで追いかけた実ですが、しおりはそこで実のための祭壇を作っていました。しおりの中で、実はどんどん神格化していきます。

➡「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の最新刊を無料で読む

男子高校生を養いたいお姉さんの話【163話】「実神の憂鬱」

実を好きだとアピールするために、実の祭壇を作り出したしおり。実は分かりやすく置かれたその祭壇を見ているのがとてもきついと感じ始めました。

そんな中でもしおりは祭壇に拝み始めると、目に見えて実への愛情を伝えられる方法を探してきたと話します。最終的には神社を作りたいと言うしおり。ここでまたもや突然に冴恵が現れました。

神と崇められる実は逆になんでも好きな要求をすることが可能ではないかと言う冴恵。実は慣れてきたものの冴恵の発想を恐ろしいと感じます。

実としては、付き合うのであれば強制してではなく、想いが通じ合うのが理想なため、とりあえずは今の扱いを止めて欲しいと思っています。

冴恵に背中を押されて、実はその気持ちをしおりに伝えますが、しおりはまたもや勘違いをします。実のかわいさは神話ではなく実際に起きている軌跡。

だから記録に残さなければいけないと、しおりは実の伝記を書き始めるのでした。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【164話】「Let it go」

実達の生活するマンションに排水管の点検が行われることになりました。実が沢山の飾られた部屋に人が入ってくることになります。

一大事だと焦る実とは裏腹に、しおりには何が問題なのか分かりません。こんなのを見られたら自分がヤバイという実は、この世には実のことをなんとも思っていない人がいることをしおりに伝えます。

衝撃を受けるしおりは、実の魅力に気づかない人は人生を200%損していると話します。それでも実に言われて部屋のものを片付けようとするしおりでしたが、好きなものを隠すという行動に耐えきれずに泣き出してしまいました。

結局部屋はそのまま、点検に来た人はしおりが実を大好きなんだなと感じたくらいで帰っていきました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【163/164話】感想

第163話では全く話が通じないしおりが描かれました。この話本当にいつまで続くのでしょうか。もはや停滞しています。実の気持ちはこのまま伝わることがないのではないかと思い始めました。

第164話では今の実たちの様子が外部に知られてしまうことになりました。嫌がるものの、しおりにははっきりと嫌なことを伝えない実。

そのせいで結局今のまま外部の人を招き入れてしまいましたが、その人が優しい人だったせいでまたしおりは自分のおかしさに気づきませんでした。でも今回はチャンスだったと感じました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【165話】考察予想

まだまだ続く実の気持ちを伝える話。本当はしおりも実が求めるものに気づいているのではないかとも思い始めました。実は次第に元気がなくなっていきます。

今はまだしおりに気持ちを伝えたくて頑張っていますが、あまりにも無謀な挑戦に諦める気持ちが芽生えてくるでしょう。実は悲しみます。

実を悲しませた原因が自分にあるとわかったしおりは、部屋を出ていこうとするかもしれません。しかし雨降って地固まるというように、このピンチが二人をいい方向に導いてくれるかもしれません。

➡男子高校生を養いたいお姉さんの話【165/166話】へ

まとめ

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第163話】「実神の憂鬱」【第164話】「Let it go」のネタバレと感想&165話の考察予想についてまとめました。

➡「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の最新刊を無料で読む