男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【149話】最新話ネタバレ感想!スベるがお得

こんにちは。2019年10月23日発売の週刊少年マガジンより、男子高校生を養いたいお姉さんの話【第149話】「スベるがお得」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧いただいていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

148話では、風邪を引いたお姉さんを誘き出すには罠を仕掛けるのが一番有効な手段だということがわかりました。

風邪薬よりも実の秘蔵お宝写真の方が、しおりにとっては最高の薬になることが冴恵によって暴かれることとなりました。

➡「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の最新刊を無料で読む

男子高校生を養いたいお姉さんの話【149話】最新話ネタバレあらすじ

しおりと実はスキー場にやって来ました。

しかし、実をいうと実はスキーが苦手です。

その事を言いそびれていた実ですが、しおりは実の態度から実がスキー苦手なのではないかと暴いてしまいます。

元陸上部で運動神経のいいしおりは、スキーが得意だから実に教えてくれると言います。

それでもまだ滑れないことを自己申告するべきかという気持ちと、男のプライドが傷つけられるから言いたくないという気持ちが、実の中でぶつかり合います。

しかし、次のしおりの一言で実の気持ちが決まります。

“転ぶのが怖かったら抱き留めてあげる”。

実は食いぎみに滑れないから抱き留めて欲しいというのでした。

そう言った実の顔は真っ赤です。

けれど言ったそばから転んだ実はしおりの胸にもたれてしまいます。

しおりからするいい匂いを感じる実。

平気かとしおりに聞かれますが、実は違った意味で平気ではありません。

実を心配しながら、優しくレクチャーしてくれるしおりに、実はわざとではないものの遠慮なく抱きついていきます。

何度も転びしおりの体に触れる実。回数を重ねるにつれ、しおりの顔の赤みは増していきます。

そしてついにしおりは腰が抜けて動けなくなってしまいました。

実はもうどちらが苦手なのかわからなくなっていました。

腰が抜けて滑れなくなったしおりを見て、係の人は初心者コースの受講を進めますが実は、しおりが上級者であることを伝えます。しおりが耐えられるのは3抱きまでのようです。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【149話】の感想

今週も1話のみの掲載となりました。学校はいつ始まるのでしょうか?スキーとはまた冬ならではという話でしたね。実はバスケ部の割には、運動音痴です。

特にスベる系が苦手だということで、冬はあまり得意ではありませんね。思い返せば家の前で転んだときも立ち上がれなくなっていました。

しおりが逆にスキー苦手だったら、実がかっこいいところを見せつつ、楽しいふれ合いが待っていたのに・・・。でも、欲望に忠実な実は結局楽しい展開となりましたね。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【150話】を考察予想

今回の話で、まだあまりスキーをしていないので、この話は続くのではないかと思っています。一度休憩をとってから続きです。

スキー場で食べるご飯ってすごくおいしく感じる気がします。今回の話では他のお客さんがいなかったのですが、続くとしたらお客さんの中に知り合いが現れるかもしれません。

冴恵とその両親あたりが現れると面白いと思います。今の密着を繰り返すしおりと実を見たときに、少し怒りぎみになる両親が目にうかびます。

➡男子高校生を養いたいお姉さんの話【150話/151話】へ

まとめ

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第149話】「スベるがお得」のネタバレと感想&150話の考察展開予想についてまとめました。

➡「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の最新刊を無料で読む