男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【159/160話】最新話ネタバレ感想!

こんにちは。2019年12月4日発売の週刊少年マガジンより、男子高校生を養いたいお姉さんの話【第159話】「黒澤さんのお説教」【第160話】「お姉さんを正せ!」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

158話では、実の告白がしっかりとしおりに聞こえていたことがわかりました。それでいて逃げ惑うしおり。

実はそんなしおりの気持ちを聞こうとしますが、しおりは実の好きがラブではないと勘違いしていました。実の気持ちが伝わりません。

➡「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の最新刊を読む

男子高校生を養いたいお姉さんの話【159話黒澤さんのお説教】最新話ネタバレあらすじ

しおりの好きと自分の好きには相違があることが分かった実は、涼介に相談します。

しおりに気持ちが伝わらないと嘆く実に、涼介は友達の前で告白したときの勢いを思い出して頑張れとディスりながら応援します。そこに黒澤が入ってきました。

黒澤には話すつもりはなかった実ですが、涼介が勝手に黒澤に話してしまいます。

しおりのことを実の本当の姉だと思っている黒澤は、異性としてしおりが好きだという実の気持ちを全否定します。

そして、実がしおりと異性として愛し合える可能性はゼロだと言い放ちます。

黒澤に反論する実でしたが、気づけば告白も通じていないのに実のライフポイントは0になってしまいました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【160話お姉さんを正せ!】

実の気持ちを聞いてから居ても立っても居られなくなった黒澤は、家に押し掛けて単刀直入にしおりの実に対する気持ちを聞きます。

大好きと答えるしおりですが明らかにそれは恋愛のものではありません。

このしおりの極度のブラコンが実に悪影響を与えていると考えた黒澤は、しおりを説得して実を正しい道に戻してあげなければという使命感にかられます。

そして、黒澤は実のことを好きだとしおりに告白します。だから実への接し方を考え直して欲しいという意思から気持ちを伝えた黒澤でしたが、ここでもしおりは勘違いをします。

実はみんなのもの。そう考えたしおりはいつもよりちょっとだけ遠くから実を見ることにしました。

告白したことで、実としおりの距離は遠ざかっていきます。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【159/160話】感想

今回は2話ともに黒澤さんがメインとなる話でした。第159話では、ずっとしおりを本当のお姉さんだと言っていたことが仇になりましたね。このままでは、実はただのシスコンの痛いやつです。そろそろ黒澤に本当のことを話すべきなのかもしれません。

第160話では黒澤のすごい行動力が発揮されました。実のいないところに突っ込んでいくのはすごすぎです。しかし、そんな黒澤でもしおりを説得することは不可能でした。根本的に好きをわかっていないしおりに気持ちを教えることが必要です。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【161話】考察予想

今回の話で黒澤が敗れました。やはり気持ちを伝えるには実が動くしかありません。好きという気持ちを伝えるためには、しおりは彼氏がほしいのか、結婚願望があるのかという話題に持っていく必要があると思ってきます。

異性として好きだということは、付き合いたいということです。実の他に彼氏を作ったり、実が彼女を作ることになった場合、しおりが何を感じるのか、それを聞くことがしおりはようやく好きの意味に気づくのかもしれません。

まとめ

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第159話】「黒澤さんのお説教」【第160話】「お姉さんを正せ!」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「男子高校生を養いたいお姉さんの話」の最新刊を読む