DAYS

DAYS【343話】最新話ネタバレ確定!「雪原に一人」犬童の完全覚醒!

こんにちは。2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、DAYS【343話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

342話では、桜木高校がピンチに陥る中、犬童が一人で驚異的なプレイを見せ始めます。

これまでの犬童にはなかった独善的にも見えるそのプレイスタイルを碇屋は周囲に合わせることを諦めたと評しますが、犬童は桜木高校を守るために独りになることを選んだのであり、成神はその背中を押すのでした。

DAYS【343話】最新話ネタバレ「犬童の完全覚醒!」

徐々に独りで驚異的なプレイを見せ始めた犬童ですが、それはこれまで低いレベルでも高いレベルでも自然と周囲に合わせてきた犬童が、桜木高校の絶体絶命の危機を救うためにまた自然と選択したものであり、桜木高校のピンチが続く限り犬童は覚醒し続けるでしょう。

そして次号のタイトルには「雪原に一人」とあります。

雪とは恐らく、プレイ中の犬童にだけ見えた”正解の選択を導く雪のような幻”のことであり、つまり「雪原に一人」とは、他の誰もついていけない状況をあらわしているのではないかと思われます。

DAYS【343話】最新話ネタバレ「桜木高校の選手は覚醒するか?」

「雪原に一人」とは、犬童のプレイが一人だけ飛び抜けた状況を表すと思われますが、同時にその景色は犬童の孤独を表すとも言えるでしょう。

犬童は幼い頃からずっと一人ぼっちであったがゆえに周囲に合わせることを自然と身につけていったわけで、決して自ら孤独を望んでいるわけではありません。

なのでその”雪原”に立つ選手が犬童以外に現れるのかというのも一つの注目点になります。
最有力候補はやはり相棒の成神でしょう。

現実的にサッカーを一人で決着つけるということは難しい。成神が同じ”雪”を見ることもあるのではないでしょうか。

➡「週刊少年マガジン」の最新版を無料で読む

DAYS【343話】最新話ネタバレ「聖蹟の選手も”雪”を見る?」

そして桜木高校だけでなく、聖蹟高校の選手も犬童についていくことはできるのか。選手の才能で言うならば、聖蹟は桜木を上回る全国クラスの選手を揃えています。

最有力候補はやはり大黒柱であり”十傑”の水樹。水樹も犬童に通じる天性のセンスによって動く人間なので、雪を見る可能性はあります。

過去にそういった描写があったような記憶もあります。

あとは天才的なパスセンスを持つ君下 。そしてやはりつくし。

つくしの天才性については未知な部分も多いですが、その驚異的な運動量と独特のスペースを見つける嗅覚は”雪”を見る可能性が十分にあるように思います。

まとめ

2020年5月13日発売の週刊少年マガジンより、DAYS【343話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(発売後に更新します)

➡「DAYS」の最新刊を無料で読む