DAYS

DAYS【36巻】最新刊ネタバレあらすじ感想!無料で読む方法はコレ!

こんにちは。2020年1月17日発売の週刊少年マガジンより、DAYS【36巻】を読みましたのでネタバレと無料で読む方法についてご紹介します。

35巻では、サッカー冬の選手権準決勝。 聖蹟対桜高の対決です。 前半序盤は聖蹟が君下からのパスでチャンスを作ります。

桜高はGK近藤のデタラメなプレーもありましたが、驚異的な反射神経で水樹のシュートまでも弾きます。 しかし、そのこぼれ球にダイビングヘッドをした柄本が待望の先制点を決めるのでした。

➡「DAYS」の最新刊を無料で読む

DAYS【36巻】最新刊ネタバレあらすじ

前半20分。

人生初のゴールを決めた柄本です。

聖蹟1-桜高0。

聖蹟側はイレブンはもちろん、ベンチをはじめスタンドまで、異常とも思えるほどのお祭り状態で盛り上がります。

誰もが柄本の努力を知っているからです。

これには観戦をするかつての対戦相手も拍手を送ります。

あまりの祝福ぶりに恐縮する柄本です。

犬童は試合再開を急かす中、桜高のベンチでは予定よりも早く成神がアップを始めます。
投入まであと3分です。

しかし勢いに乗る聖蹟の攻撃は続きます。

今度は鈴木を起点に流れるようなパス回し。

最後は柄本がボレーシュートまで披露しますが追加点にはなりませんでした。

聖蹟は青函の平と異なり誰もがボールの出だしとなるため、桜高はマークに苦しみます。
そこに選手交代として土田代わり成神がフィールドに入ります。

桜高は聖蹟の厳しいマークを潜り抜け成神にボールを託しますが、対成神として前に立ちはかるのは臼井です。

1対1の局面で生方と研究した通りに成神を抜かせない臼井は、最後はドリブルで抜こうとする成神からボールを奪うことに成功します。

再び聖蹟による怒涛の攻めとなりますが、桜高の芹沢が柄本を抜き去り亀山にスルーパスを機に反撃。

これはまずいと感じる臼井。

気がつくと桜高の攻撃が10分も続きました。

それでも聖蹟ゴール前を鈴木が防ぎ、佐藤が君下のパスを受けてシュート。

これは桜高GK近藤が防ぎますが、サイドに割りそうなボールを柄本が必死に追いかけるのでした。

DAYS【36巻】感想

36巻オープニングは前巻の余韻を引きずる柄本のゴールからでした。見開きでゴールネットを揺らしたボールが静かに描かれ、セリフはありませんが印象深い一コマです。

それにしても聖蹟の悦びようはハンパありません。柄本の愚直、生真面目、実直、直向きさがようやく身を結びました。

作中あるように柄本の急ブレイクを予感されるプレーが続きますが、これを風間が観ていてくれていれば良いのですが。

とにかく、35巻の後半から36巻前半は何度読み直しても涙腺崩壊必至です。

DAYS【36巻】無料で読む方法

DAYS【36巻】のあらすじは分かったけれど、涙腺崩壊必死なのでできたら漫画でぜひ読んでもらいたいです。しかも無料で読める方法があるとすればいかがでしょうか?

動画配信サービスのU-NEXT(ユーネクスト)では、電子書籍も34万冊の取り扱いがあり、初回無料登録後600ポイント付与されます。

DAYS【36巻】は462円ですが、そのポイントを利用すれば実質無料で読むことができちゃいます。ぜひお試しくださいね。

U-NEXTへ

DAYS【37巻】考察予想

36巻は柄本に始まり柄本に終わりました。初ゴールでも奢ることなく必死に走る柄本に好感が持てますが、前半から飛ばし過ぎる感もあり体力的に少々心配です。

一方、桜高も途中で良いところまで行きましたが、同点にはなりませんでした。その原因の一つは、臼井が成神を抑えているからに他なりませんが、まだ残り時間は10分ほどあります。

何とか点を取った状態で前半を折り返したいですが、成神、または犬童にシュートチャンスを与えるように、桜高の他の選手たちは何らかの工夫が必要になりそうです。

まとめ

2020年1月17日発売の週刊少年マガジンより、DAYS【36巻】を読みましたのでネタバレと無料で読む方法についてまとめました。

➡「DAYS」の最新刊を無料で読む