Dr.STONE

Dr.STONE【115話】最新話ネタバレあらすじ感想|115話を考察!

こんにちは。2019年7月29日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【Z=115 一秒と一粒】を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたいかたはこちらからお願いします↓

漫画最新話ネタバレ
Dr.STONE【114話】最新話ネタバレあらすじ感想|115話を考察!こんにちは。2019年7月22日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【Z=114 そして科学は静かに石を穿つ】を読みましたのでご...

114話では、党首の根城に潜入したコハクはソユーズを発見します。そこで千空から静的破砕剤を託されました。

石膏の内部膨張によりソユーズの内部を覆いつくしていたコンクリートが、次々とひび割れ現象を起こしていくのでした。

➡「Dr.STONE」のアニメ動画と漫画最新刊を無料で読む

Dr.STONE【115話】最新話ネタバレあらすじ

科学の力で開けた宝箱には、石化復活液を無限に生産可能とするプラチナがあるはずです。

百物語の伝承を信じその宝箱を探そうと慎重にガレキを動かしますが、思わず宝箱を割ったらしいコハクです。

目に映るのは割れた宝箱と、その中に詰まっていた「ただの砂」。

一度は絶望するコハクでしたが、千空も岩などから科学の力を応用してきたのを思い出します。

そしてこの砂が宝物に違いないと、大事に包んでオオアラシたちが駆けつける前に逃亡に成功します。

残された宝箱の破片を見て不審に思う宰相のイバラ。コハクから千空たちに送られてきた砂は、表面がキラキラと輝く砂金でした。千空は虫眼鏡でつぶさに観察すると僅か一粒のプラチナを発見します。

しかし本来ならばレア鉱石のプラチナが砂金の山から何故か次々と見つかります。白夜は何十年と時間をかけて希少金属を一人で川底から集めていたのです。

新文明のスタートダッシュさせるために希少金属を残して未来に託す。地球最後の宇宙飛行士として、科学の未来のために働くことが仕事だと白夜は決意していました。

年老いた白夜は、自分が死んだら集めた砂金をソユーズの中に入れておくよう周囲に遺言を残します。

最後は川の中で前のめり倒れた白夜は、息子の千空を思いそのまま絶命したようです。折れない心を「似ている」親子というゲン。

白夜と千空は本当の親子ではなく親友の子らしいのですが、今は関係ありません。

「いただくぜ、白夜。テメーの何十年!!」

父が託したプラチナで、復活液の無限生産マシンをソッコーで作る千空です。

Dr.STONE【115話】を読んだ感想

コハクの科学に対する知識度アップが止まりません。静的破砕剤を指示通りにセットした手際の良さに加えて、今までの千空の事例から宝箱は砂だと結論付けた推察力が披露されました。考え方が科学的になってきたようです。

もう単刀直入の力だけのメスゴリラとは言わせません。

白夜の回想シーンはストーリーの途中によく登場してきましたが、今回で死に際まで描かれいたので今後の登場は殆ど無くなりそう。あとはイバラが壊れた宝箱を見て誰かの仕業と感づいたかもしれません。

Dr.STONE【116話】を考察

待望のプラチナをゲットしたことから、触媒反応による石化復活液の生産まで話が一気に進みそうです。とはいえ、おそらくペルセウスには見張りの宝島の兵士がいるはずなので、その監視をかいくぐり如何に仲間たちを復活させるのか攻防戦が描かれそうです。

科学王国の4人で立ち向かうのか?それともアマリリスの集落の連中と手を組み反撃に向かうのか?

千空としては、ドローン用のモーター製作にはカセキが必要としているので、石像だけでもどうにかしたいところでしょう。