Dr.STONE

Dr.STONE【126話】最新話ネタバレ感想|127話を考察!

こんにちは。2019年10月21日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE『Z=126 三次元の謀略』を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

125話では、科学王国では石化装置を奪取するための準備が続いています。 フード戦士の衣装に陽の射撃訓練。 ワイヤーロープを爆弾させると綱引き役に、パワーチームが復活します。 危険な一番槍を務めるのは金狼です。

最後はジャイロ機構とコントローラーを備えたドローン三号機を完成させ決戦の地に向かいます。

➡「Dr.STONE」のアニメと最新刊を無料で読む

Dr.STONE【126話】最新話ネタバレあらすじ

科学王国とイバラたち宝島軍、そしてモズ。

日の出と同時に始まる三つ巴の決戦場は海哭りの崖です。

風は強いですがこの波の音ならばドローンの作動音は掻き消されて相手にはバレないはずです。

科学王国側のフード戦士が進んでいきます。

布陣は金狼を先頭に千空に羽京にクロム。

アマリリスや杠、それにスイカ。

茂みにはドローンを操縦する龍水に狙撃担当の陽。

ラボカーにはドローンで石化武器を絡めた後の綱引きのため大樹たちパワーチームが控えています。

一方、宝島軍は大勢の戦士たちで対峙します。

特に闇討ちにあったオオアラシは怒りが収まらず、真っ先に突進。

これにフード戦士として迎え撃つのは金狼です。

以前とは違い今度は皆んなを助けるために、先端を金にコーティングされた槍を使いオオアラシを圧倒。

モズはアマリリス、杠、スイカたち一芝居うち、3人組が強いように苦戦するフリで、強敵を前に石化装置を投擲するようにキリサメを促します。

目をつぶってと部下たちに指示をするキリサメ。

科学王国は石化装置をキャッチした瞬間に裏切るモズを陽が銃撃をするつもりです。

モズは石化効果のエリア外に位置して、一足飛びにドローンを操縦する龍水を倒すつもりです。

しかし、この作戦はイバラには全てバレていました。

モズがつけていた耳飾りを模したイヤホンとコハクのそれが同じだと気が付いて、自分の耳につけていたのです。

それぞれが自分の作戦で最後に勝つと信じる中、キリサメが石化装置を投げました。

➡Dr.STONE【15巻】をいますぐ『試し読み』からチェック

Dr.STONE【126話】の感想

科学王国の偽装したフード戦士にはアマリリスたち女性陣まで参戦という、まさに総力戦になりました。

アマリリスの誘惑があれば島の集落の住民たちも味方につけることが出来たはずですが、そこまではやらなかったようです。

三者三様の思惑が働く後半ですが、イバラがコハクのイヤホンを持っていたまでは想定外でした。

伊達に年を取っているだけはなく、慎重さを兼ね備えています。これで千空たちとモズが手を組んでいるのが露呈しました。

➡Dr.STONEのアニメを無料で視聴する方法はこちら

Dr.STONE【127話】の考察予想

海哭きの崖に出陣する前にキリサメを呼び止めたイバラ。果たして彼女にどのような指示をしたのか気になります。作戦内容が筒抜けである以上、モズが石化装置を強奪して自分のものにするのは承知しているでしょう。

慎重深いイバラのことならば、その後に自分の命が狙われることまで予想をしているはずです。とすれば、キリサメが投じた石化装置の目標は、実はフード戦士ではなくモズに向けた可能性があります。

モズが石化した後に千空たちを圧倒的な物量で制圧。こんな作戦ですかね?

➡Dr.STONE【127話】へ

まとめ

Dr.STONE『Z=126 三次元の謀略』のネタバレと感想&127話の考察予想についてまとめました。

Dr.STONE

ドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントで1冊無料で読めちゃいます!いますぐチェック▷ドクターストーンを無料で読む方法