Dr.STONE

Dr.STONE【129話】最新話ネタバレあらすじ感想!JOKER

こんにちは。2019年11月11日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE『Z=129 JOKER』を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもう一度振り返りたい方はこちら

128話では、石化装置で島全体を包むつもりのイバラ。 しかし千空は全島民がペルセウスに乗船した今こそ、石化した党首を見せるチャンスだとして大樹たちに後宮に向かわせては、自分たちはマグマと合流して時間稼ぎのために大暴れをするつもりです。

➡「Dr.STONE」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

Dr.STONE【129話】最新話ネタバレあらすじ

科学王国9人対100人以上の宝島軍の戦力比。

千空が掲げた不殺の意図を気にすることなく、マグマはイバラを殺す!と銃を乱射しますが跳弾しまくります。

弾の無駄使いをするなとニッキーがマグマを制しますが、既に残りは3発分しかありません。

千空はアルミホイルにマグネシウムを包み込んで即席の花火を作ると、陽がウェェェイとばかりに空に向かい銃を放ちます。

妖術「光の槍」!!

これを見てゲンは得意のイカサマトーク。

50人の妖術使いでやっつけると話しかけると、イバラの部下たちは船から一目散に逃げ出します。

しかし今度はモズがペルセウスに向かいやってきました。

今度は逃げ場も交渉も通用しない敵の本丸との正面衝突です。

陽はモズに狙いを定めて銃を発射しますがモズは一足飛びにこれを回避。

次弾のトリガーを引く指を見たモズは、陽が妖術使いではないと見抜いて一撃。

陽はそのまま海に落とされてしまいました。

今度は金狼とニッキーが立ち向かいますが圧倒的なモズ。

落ち詰められる千空たちはペルセウスの船尾へと逃げるほかにありませんが、ついに行きと止まりとなりました。

そろそろ終わりにしようかと勝利を確信するイバラ。

しかし千空ははるばるこの部屋に来たのは、「追い込まれた」ではなく逆に「追い込んだ」というのです。

復活液の瓶を後ろの牢屋に放り投げる千空。

そこには囚人として檻の中にいた氷月とほむらがいました。

鉄の鍵を開き現れる氷月に金狼は自分の槍を託します。

科学王国最後の切り札が登場です。

➡Dr.STONE【15巻】をいますぐ『試し読み』からチェック

 

Dr.STONE【129話】の感想

多勢に無勢にもかかわらず嬉々としてペルセウスに乗り込む科学王国の面々。特に苦渋の決断で銃を製作した千空の気持ちなど1mmも考えていないマグマの思い切りの良さ。確かにゲンも呆れてしまいます。

せっかく銃を戻して見せ場到来かと思われた陽でしたが、モズに瞬殺されしかも海に落とされてしまいました。

残弾は2発ありますが海に銃を落としてはおそらく使い物にはならないでしょう。残念ながら陽の活躍はこれで終わりそうです。

Dr.STONE【130話】を考察予想

ジャンプ的にはかつての敵が味方で再登場とよくあるパターンの王道的展開ですが、そもそも氷月は犯罪者という設定です。

司を裏切っては槍で片肺を貫いたり、千空すら言うことを聞かなければ指を1本ずつ切り落とすと公言していた人物なので本当に味方になるという保証はどこにもありません。

もしイバラたちと手を組めば、その時点で千空、科学王国は間違いなく全滅です。まさにジョーカー。果たして千空が氷月を仲間にすることができるのか注目です。

➡Dr.STONE【130話】へ

まとめ

Dr.STONE『Z=129 JOKER』のネタバレと感想&130話考察予想についてまとめました。

Dr.STONE

ドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントで1冊無料で読めちゃいます!いますぐチェック▷ドクターストーンを無料で読む方法