Dr.STONE

Dr.STONE【131話】最新話ネタバレあらすじ感想|悪りー罪

こんにちは。2019年12月2日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE『Z=131 悪りー罪』を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

130話では、復活した氷月は自分が科学王国か宝島軍のどちらに味方をすべきか、優秀な人材を子孫として残すべきとする持論を述べます。

それを聞いたモズは“美男美女”だとする答えますが、氷月は「ちゃんとしている」科学王国軍に付くことを決定します。 

➡「Dr.STONE」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

Dr.STONE【131話】最新話ネタバレあらすじ

船内の倉庫から走る千空たちは無事にペルセウスからの脱出に成功します。

その目的は氷月が戦いやすくするためではなく、島に戻りソッコーであるものを作るためでした。

その千空たちを逃したモズはいよいよ全力攻撃で氷月に仕掛けてきました。

一方、イバラはオオアラシに対して“この飾り”を島の中央に走って行くように命令します。

石化装置の正体をしらないオオアラシは何を言っているのか理解できない様子ですが、キリサメはイバラが島を丸ごと石化するつもりだと気が付きました。

これではにオオアラシが死んでしまうし、島民全ての避難が完了していないことから、本当に党首様のご指示なのかイバラに確認をします。

すると向こう岸に大樹たちが修復した党首像を抱えて現れると、大声で「党首が石像だ!」と全島民に真実を伝えるのでした。

驚くキリサメがイバラの方を振り返えると、「1秒、1m」と石化装置の入力設定をするイバラはキリサメに向かい石化光線が発動させるのでした。

今まで騙されたことを知り涙を流しながら石化されていくキリサメ。

オオアラシはかろうじて海に飛び込んで難を逃れました。

“知ってしまった罪”だと石化させたことに、おじちゃん残念と言いながら不敵な笑みのイバラ。

しかし次の瞬間に湾内に一発の銃声が響きました。

海に落ちたはずの陽が残弾一の中、見事イバラの左手に命中させたのです。

「とにかく悪りー罪で逮捕する!!」

痛みに絶叫するイバラは石化装置を海に手放してしまします。

➡Dr.STONE【15巻】をいますぐ『試し読み』からチェック

Dr.STONE【131話】感想

モズの全力攻撃をモロに腹部強打となった氷月のダメージは深刻です。それにしても最後まで党首様のご命令だと信じていたキリサメが哀れです。

最後は悔しかったのか石化しながらイバラを「様」から「貴様」呼ばわりしていました。そして石化装置の新たな性能も判明しました。

発動時間と距離が音声で設定可能のようです。最後に見せ場を作った陽。海に落ちて火薬が駄目にならなかったのか疑問は残りますが、元・警察官の面目躍如です。

Dr.STONE【132話】考察予想

今まで騙されていたと知った島民と宝島の軍隊が、次回以降もイバラの命令をおとなしく聞くのか状況が一気に分からなくなりました。

それでもイバラが余裕をもっていたのは石化装置を保有していたからですが、その大事なアイテムを思わず海に落としてしましました。

現在海にいるのは宝島軍はオオアラシ。科学王国は千空たちがボートに乗っていてマグマや陽もいます。人数的には科学王国が有利のはずです。また島に戻って千空は何を作るのかこちらも気になります。

まとめ

Dr.STONE『Z=131 悪りー罪』のネタバレと感想&132話の考察予想についてまとめました。

Dr.STONE

ドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントで1冊無料で読めちゃいます!いますぐチェック▷ドクターストーンを無料で読む方法