Dr.STONE

ドクターストーン【188話】最新話ネタバレ確定&感想|完全に絶命か?氷月!

こんにちは。ひらりです。

2021年3月8日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【188話】「かつて消そうとしたものは」を読みました。

187話では、スイカが捕まったことを知り独断でコハクが飛び出してしまいました。

いずれにせよスタンリーたちの足止めが必要であるため司、氷月もコハクを追いスタンリーたちをマシンガンの偽音声で警戒させます。

マヤに見つかってしまいますが、3人は敵の通信機を破壊することを目的に戦います。

それでは、この記事では、Dr.STONE【188話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ドクターストーン【188話】最新話ネタバレあらすじ

銃を相手にしている以上死は免れないとコハクたちは分かっていますが、それでも千空たちの勝利を目指し通信機を狙います。

敵の銃を破壊していく中、コハクは背中に熱さを感じます。

本来狙われる危険のある背中は冷たいものですが、今回コハクの背中には守ってくれる司、氷月という仲間がいるのです。

これが最期であることが複雑ですがコハクは嬉しくなりました。

3人が銃を持つ敵を倒していると、マヤが大木を引き抜きなぎ倒してきました。

コハクの上に倒れて来た木を、司が武器を使い止めます。

その間にコハクと氷月はまた別の敵の元へ向います。

敵の1人が司の正体に気が付きました。司が強いことを知るとマヤは全力で殺すと強打の連打を繰り出してきます。

しかし司はマヤの強さに感嘆こそしていますが、一切やられておらず一撃でマヤを殴り飛ばし気絶させてしまいました。

しかし直後銃で胸を撃たれてしまいます。

司は自分が作り出したくなかった科学の武器にやられてしまったのです。

無情にマシンガンの音が響きます。

司のことを気にして隙を作ってしまったコハクにスタンリーが迫ります。

コハクが撃たれてしまう直前、氷月はコハクの前に出ました。そして撃たれます。

氷月は倒れながらコハクに仕事があるだろうと言います。

コハクは目に涙を浮かべながらも走り、敵のレーダー屋が背負う通信機を破壊します。

スタンリーはコハクたちの狙いに感心しながら、コハクのことも撃ってしまいました。

しばらくして意識を取り戻した司は、動かない体で通信機が壊れているのを確認します。

そしてコハクと氷月を称賛した後、絶命した氷月を見つけました。自分もコハクももう長くないことが分かります。

石化装置が復活すれば、死者復活も可能なのかと考える司は、自分が消そうとしていたものに希望を託していることに気が付きました。

そして改めて千空に未来を託します。

ドクターストーン【188話】感想

前回の話で死者が出てしまうことは既に予想されていましたが、それが全てコハクたちの側であったことがショックです。

しかも氷月は完全に絶命してしまいました。

今はまだ分からない石化装置の力に期待するしかありません。死者を出したくないと言う千空や羽京の願いは届くのでしょうか。

アマゾンに入る前は本当に仲間なのかと疑われていた氷月が、またもやコハクを助けてくれたシーンはすごく胸が熱くなります。

生き返ってほしいです。

ドクターストーン【189話】考察予想

通信機を破壊し、無事に時間稼ぎは成功しました。

今回のラストシーンではまだ石化装置は完成していないようでしたが、間に合うのでしょうか。

同時にスイカの代役は既に移動しているのでしょうか。

もし、石化装置により死者の復活が可能であったとしても、それは死んだ直後という条件付きでしょう。

一刻も早く石化装置を起動させてくれないと、氷月は助かりません。

時間が早ければ助かったと後に分かることになれば、勝利しても非常に悔やまれる結果になります。

ドクターストーン【189話】へ

まとめ

この記事では、ドクターストーン【188話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

Dr.STONE

ドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントで1冊無料で読めちゃいます!いますぐチェック▷ドクターストーンを無料で読む方法